劇場階段にある看板のナゾ

LINEで送る

ジャック&ベティの入口階段脇に掲示している<若葉町中央興業チェーン看板>。

写真におさめて帰られるお客さまも多い、当館のモニュメント的な看板ですが、
これは、取り壊し前の横浜日劇の倉庫に保管されていたものです。

E01

この看板について、本日お客さんから
「作品からして日劇と東映名画座のプレートは逆のはず」
とご指摘が。

「逆って…え…?」と思いながら
よくよく見てみれば、確かに、「トラック野郎」が東映名画座で、
「史上最大の作戦」が洋画の日劇で上映されてなきゃ不自然。
恥ずかしながら今までまったく気づきませんでした。

ファイル 2016-01-07 18 28 49

いうまでもなくこれは倉庫にあったままの状態なので、
当時から間違っていたのか、何らかの事情で貼りかえたのか…。
そもそも、この看板がどこで使われていたのかも、定かではないのですが。

こちらは後日リサーチして、またご報告したいと思います。

ご参考までに、この看板にある3館。
「東映名画座」が現ジャック&ベティ。
「日劇」はジャック&ベティ向かいにあった映画館。
「千代田劇場」は劇場前の通りを、少し黄金町方面に戻った場所にあった映画館です。
(「千代田劇場」に関する写真などは私の知る限り少ないですが、2012年に開催した映画館60周年記念特集でも上映した足立正生監督『略称連続射殺魔』に「千代田劇場」が登場します。)

カテゴリー: スタッフブログ, 周辺情報, 映画館・ミニシアター パーマリンク

劇場階段にある看板のナゾ への5件のフィードバック

  1. ご無沙汰の人 のコメント:

    倉庫前の状態を言うと、日劇2階に上がってすぐ、旧濱マイクの事務所入り口前に飾ってありました。セットの一つの可能性もありますが、林監督が何かご存知では?

    • ジャック&ベティスタッフ のコメント:

      ありがとうございます。確かにセットの可能性はありますね。
      看板の札がおかしいと指摘してくださった方は、名画座・日劇・千代田劇場があった時代も通っていたそうですが「この看板には見覚えがない」と仰っていました。

      • ご無沙汰の人 のコメント:

        確か、映画の濱マイクにもこの看板が写っていました。

        千代田劇場と言えば、特捜最前線(215話)にも写っています、
        高架下に飲食店のあったころの黄金町・初音町も。
        機会があれば、何かの企画で上映して下さい。

        • ジャック&ベティスタッフ のコメント:

          貴重な情報ありがとうございます!
          特捜最前線にも登場するとは、全然知りませんでした。
          絶対見てみます〜(というか、DVD等で見れるんでしょうかね?)

  2. さすらい日乗 のコメント:

    千代田劇場、懐かしいですね。
    ここはフィリピン人などの外国人がよくいたと思います。

    大体はピンク映画の3本立てで、ある時、見に行くと、前の席で変な音がしている。
    「ジー、ジー」という音で、よく見ると男の人が電気カミソリで髭を剃っているのでした。
    いろんなことを映画館では経験しましたが、髭を剃っている人を見たのは最初で、たぶん最後でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>