韓国<ミリム劇場への道>2号

LINEで送る

milim02_top
<ミリム劇場への道>2号
〜2019年6月7日〜9日、韓国で、ジャック&ベティとミリム劇場の共同企画を開催予定!
本稿は当館のお客様にその進捗を報告し、見届けて頂くためのドキュメントです。〜
(報告:副支配人・小林)


<ミリム劇場への道>1号はコチラから

「ミリム劇場とジャック&ベティで、共同企画をやりませんか?」
 2018年11月にジャック&ベティに現れた韓国のミリム劇場チェ・ヒョンジュン代表からの思いがけない提案だった。
「映画の企画はたくさんありますが、このような企画は少なく、価値があると思います」
 確かに、国を越えて映画館が繋がる企画というのは、あまり聞いたことがない。実際、隣国である韓国の映画館事情について、何も知らない私がいるわけで。
 日韓の映画館と、そこに足を運ぶ映画ファンが交流すれば、お互い興味深い発見があるに違いない! 私は共同企画の実現と再会を約束してチェ代表と別れたのだった。

KOFIC(映画振興委員会)発行のスタンプラリー形式の「芸術映画館散策」。ミリム劇場も掲載されている。 韓国でも独立系映画館の支援が課題となっているようだ。

KOFIC(映画振興委員会)発行のスタンプラリー形式の「芸術映画館散策」。ミリム劇場も掲載されている。
韓国でも独立系映画館の支援が課題となっているようだ。


 帰国後のチェ代表の仕事ぶりは驚異的だった。ジャック&ベティの現状をヒアリングしながら、事業企画を作成。12月中旬が締め切りだという韓国の映画振興委員会への助成の申請も間に合わせてしまった。
 企画の仮タイトルは「인천에서 요코하마까지- 잭앤베티&미림(インチョンから横浜までー。ジャック&ベティとミリム劇場)」。両館が推薦する作品の上映を行うと共に、当館スタッフや監督など関係者がミリム劇場を来訪し、シンポジウムなどを開催。また両方の映画館をモチーフにアーティストが製作した作品展示も行う。
 そして12月25日のクリスマス。チェ代表から、韓国の映画振興委員会による支援が決定したと一報が入った。
 これで本当に、韓国に、ミリム劇場に行けちゃうのかー。

 企画の実現を受け、2月に再来日したチェ代表と劇場で再会。開催時期は6月7日(金)〜9(日)に決定した。
 ミリム劇場で上映する当館推薦の日本映画としては、会員の作品投票などを参考に、昨年に当館で好評だった作品を中心にリストアップした。(次号でお伝えします!)
 そして訪韓する劇場スタッフはどうするか…と悩んだ結果、思い切って、交代で社員全員が行くことにした。またとない機会。劇場を1日や2日くらい休館にしても行くべきでしょう(オイ)。映画館という業種ではありえない、おそらく最初で最後の社員旅行でもある。

IMG_6045
打ち合わせ後は伊勢佐木町で牛鍋を囲みました。個人的に悲願の初じゃのめやを達成…いやあくまでも、おもてなしデス

打ち合わせ後は伊勢佐木町で牛鍋を囲みました。
個人的に悲願の初じゃのめやを達成…
いやあくまでも、おもてなしデス

牛鍋後は、若葉町の韓国立ち飲みへ。

牛鍋後は、若葉町の韓国立ち飲みへ。


 残る課題は、共に訪韓し、シンポジウムに参加してくださる監督などの映画関係者だ。
 国際的とはいえ、大きなスポンサーがあるわけでもない、小さな映画館による草の根交流ともいえる企画。十分な謝礼が準備できるわけでもない。企画に興味を持って、楽しんで参加してくださる方が果たしているのだろうかー。
(3号へ続く※五月掲載予定)

**************************************

milimkikaku 2019年 6/7(金)〜6/9(日)韓国のミリム劇場にて開催
<インチョンから横浜までー。ジャック&ベティとミリム劇場)>
事業計画より一部紹介


<事業の背景>
ミリム劇場は、お年寄りが映画鑑賞の幅を広げ、様々な作品に接することができるよう、社会性の高い独立系映画を2015年から上映しているが、観客が大きく増えない状況が続いている。
お年寄りだけでなく、さまざまな世代が新しい映画と接することができるよう、こうした上映企画を続けたいが、韓国国内では、ミリム劇場と同様のモデルを見つけることは難しい。
そうした状況で知り合った横浜のシネマ・ジャック&ベティは、1952年に横浜名画座として始まり、閉館と再オープンを越えて、現在の立場を維持している。また地域の文化芸術団体であるART LAB OVAと協力して、毎年多文化映画祭を開催するなど、ミリム劇場の活動の方向と一致する部分が多く、今回の交流行事を通じて両劇場の共生と発展を図りたい。

<事業目的>
ミリム劇場は、地域社会の幅広い世代と共感し合う特別な機会として、日本の横浜で運営しているシネマ・ジャック&ベティとの国際交流プログラムを企画した。ジャック&ベティとの幅広い交流を通じて、「文化の多様性を満たす芸術映画の観客の開発」という共同の目標を達成したい。両劇場が直面しているいくつかの困難や悩みなどをオープンに議論し、危機をチャンスに転換するための課題をアーティスト、市民、観客と一緒に模索したい

<事業内容>
◦ミリム劇場で上映した韓国の独立系映画から5作品程度上映
◦シネマ・ジャック&ベティと、その観客が推薦する日本映画を5本程度上映
◦バリアフリー上映を開催予定
◦ジャック&ベティ、コミュニティシネマセンター、ART LAB OVA、監督らを招待し
 「独立系映画館の現在と未来」「市民とのコミュニケーション」などをテーマにフォーラムを開催

<特別展示>
– ミリム劇場とジャック&ベティをモチーフにした作品展示

1980年代、東インチョン一帯だけで、 19館もの映画館があったという

1980年代、東インチョン一帯だけで、
19館もの映画館があったという


**************************************

カテゴリー: イベント等告知, スタッフブログ, 映画館・ミニシアター パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>