韓国<ミリム劇場への道>5号

milim_05<ミリム劇場への道>5号
〜2019年6月、韓国インチョンで、ジャック&ベティとミリム劇場の共同企画が開催されました。
本稿は当館のお客様にその内容を報告し、今後を見届けて頂くためのドキュメントです。〜
(報告:副支配人・小林)


<ミリム劇場への道>1号はコチラから
<ミリム劇場への道>2号はコチラから
<ミリム劇場への道>3号はコチラから
<ミリム劇場への道>4号はコチラから

シネマ・ジャック&ベティは、韓国・仁川(インチョン)にある映画館・ミリム劇場との交流を行っています。昨年は6月にミリム劇場で「同時上映展」を開催しました。

その後、2019年9月6日・7日に開催された《全国コミュニティシネマ会議2019 in 埼玉 》では「日韓コミュニティシネマ会議」という場が設けられました。この機会は、6月のミリム劇場での企画に同行してくださったコミュニティシネマセンターの岩崎さんらが、さらにその輪を広げて、企画してくださったものです。

日韓のミニシアター系映画館の関係者が集った本会議にはミリム劇場のチェ・ヒョンジュン部長らが登壇し、熱い議論が交わされました。会議には登壇者以外にも、多くの韓国の映画館関係者が駆けつけて、日韓の映画館同士の交流がそこかしこで行われる貴重な機会となりました(コミュニティシネマセンターのサイトでその様子が紹介されています。ぜひご覧ください)。

韓国の独立系映画館には政府からの支援がある一方で、それに左右される側面も大きいという話など興味深かった

韓国の独立系映画館には政府からの支援がある一方で、それに左右される側面も大きいという話など興味深かった

 
そしてコミュニティシネマ会議に合わせる形で、9月7日・8日に当館で《ミリム劇場×シネマ・ジャック&ベティ同時上映展》を開催しました。
 milim_tirashi 
「雨降って地固まる」といえば聞こえはいいですが、この横浜開催は、「台風来てみな固まる」というほど天候に悩まされました。
ミリム劇場のスタッフであるチェ・ウンヨンさん、チョ・ウリさんらは開催日の7日朝の到着予定でしたが、台風13号がインチョンを直撃して予定の飛行機が飛ばず、その日の深夜に横浜に到着。なんとか着いたと思いきや、8日の夜には、記録的な被害をもたらした台風15号が横浜に直撃するという巡り合わせだったのです。

そんな中でも、当初予定していた「1991、春」「妓生(キーセン)花の告白」「工作 黒金星と呼ばれた男」上映や、フォーラム、アーティスト・ラオミさんによるワークショップなどのイベントは予定通り行うことができました。
「1991、春」クォン・ギョンウォン監督

「1991、春」クォン・ギョンウォン監督


「妓生(キーセン):花の告白」ホン・テソン監督、ハン・マンテクプロデューサー

「妓生(キーセン):花の告白」ホン・テソン監督、ハン・マンテクプロデューサー


アーティスト、ラ・オミさんのワークショップ

アーティスト、ラ・オミさんのワークショップ


日本初上映となった「1991、春」「妓生(キーセン)花の告白」では監督らが来日してくださり、上映後は質疑応答も行いました。

悪天候の中でも、これらの上映には、たくさんのお客様が足を運んでくださったことが、とても嬉しく、心強かったです。
また開催後にも、「台風で行けなかったんだよ」と何人かのお客様から声をかけていただきました。ご来場いただいた皆さま、気にかけてくださったみなさま、本当にありがとうございました。
黄金町エリアマネジメントセンターさんのミニツアー

黄金町エリアマネジメントセンターさんのミニツアー


最強台風にビニール傘で立ち向かい、意地で二次会へ向かう

最強台風にビニール傘で立ち向かい、意地で二次会へ向かう

IMG_7329
さて2020年も、ミリム劇場とジャック&ベティの交流はもちろん続きます。

次回は3月にミリム劇場での企画を進めており、そのメイン企画として、日韓合作の映画「大観覧車」「ひと夏のファンタジア」を両劇場で同時上映します。これは本当の同時上映で、両劇場で同時刻15時から上映スタート。上映後は、両劇場を繋いでゲストトークも準備しています。時差がないからこそできる面白い企画になると思います。ぜひご参加ください。

…と、これを書いていた今まさに「パラサイト 半地下の家族」が、アカデミー賞作品賞を受賞しました。アジア映画としても初めてだそうで、とんでもない快挙ですね。これに続けと(?)、国を越えて映画でつながるジャック&ベティとミリム劇場を、これからもよろしくお願いします。

IMG_7308
<余談>
ミリム劇場のチョ・ウリさんたちに聞いたところ、韓国では「横浜といえば生プリン」ということになっているらしい。
有名ブログで紹介されたためだとか。
それに対して、え?生プリンってなに?となってしまった横浜サイドでした。

カテゴリー: イベント等告知, スタッフブログ, 映画館・ミニシアター | コメントする

【ジャック&ベティサロン】2020年2月のご案内

20190801_155527
お客様との交流を図り、上映作品のご感想や劇場へのご意見、今後上映してほしい作品についてなど、ざっくばらんにお話を伺いたいと、毎月1日「映画の日」にジャック&ベティサロンを開催しています。

まぁ、お茶でも飲みながらお話をして、参加される方たち同士も親しくなったりと、ジャック&ベティを通じた新しいコミュニティができたら、おもしろいと思っています。どなたでも、ご参加いただけます。ジャック&ベティが初めてという方も大歓迎、楽しみ方をご説明いたします。ぜひ、気軽にお越しください。

今後のおすすめ映画や新着情報もご紹介します。
まぁ、だまされたと思って(笑)、ぜひ気軽にご参加下さい!

ジャック&ベティサロン
■2/1(土・映画の日)17:15頃~
(「幸福路のチー」15:20回、「FRIDAY」15:25回の上映後)
会場:横浜パラダイス会館(劇場1F)※要1ドリンクオーダー
※舞台挨拶や劇場混雑のため、開始が少し遅れる可能性がございます。ご了承ください。

カテゴリー: ジャック&ベティサロン | 1件のコメント

【ジャック&ベティサロン】2020年1月の新春サロンご案内




あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

お客様との交流を図り、上映作品のご感想や劇場へのご意見、今後上映してほしい作品についてなど、ざっくばらんにお話を伺いたいと、毎月1日「映画の日」にジャック&ベティサロンを開催しています。

まぁ、お茶でも飲みながらお話をして、参加される方たち同士も親しくなったりと、ジャック&ベティを通じた新しいコミュニティができたら、おもしろいと思っています。どなたでも、ご参加いただけます。ジャック&ベティが初めてという方も大歓迎、楽しみ方をご説明いたします。ぜひ、気軽にお越しください。

新春から今後にかけての、おすすめ映画もご紹介します。

お正月のサロンの名物、横浜パラダイス会館(ART LAB OVA)さん特製のおしるこをサービスでご馳走いたします。

ぜひ気軽にご参加下さい!

・1/2(木)”振替え映画の日”新春ジャック&ベティ サロン
▼第一部14:35頃~
▼第二部18:00頃~
★特製おしるこサービスあり!
会場:横浜パラダイス会館(劇場1F)※要1ドリンクオーダー

カテゴリー: ジャック&ベティサロン | 1件のコメント

ジャック&ベティ2019年のお礼と2020年に向けて(もしくはチラシの裏が白紙だともったいない気になり、夜な夜な事務所で書いた文章たち)

<劇場メンバーズ会員さま向けの郵送チラシ「ジャックの豆の木」プレゼント企画の裏面から転載>

2019年12月21日でジャック&ベティ開館28周年を迎えました。日頃みなさまが足を運んでくださっているおかげであり、本当にありがとうございます。

雑誌「ジャックと豆の木」は2016年にジャック&ベティ開館25周年を記念して創刊されたものです。同じ年に新調した劇場シートも、すっかりなじんできました。

2016年から2019年、たった三年ではありますが、映画の鑑賞料金は徐々に値上がりして、近隣ではキノシネマみなとみらいさんがオープンし、劇場ではネット配信のNetflixの作品が上映されているわけですから、映画館を取り巻く状況も、日々確実に変化しているということになります。

2019年、横浜の映画館という話題では、神奈川新聞で9月から11月にかけて、ジャック&ベティ初代支配人である福寿祁久雄さんによる「わが人生」が連載されました。ご自身の生い立ちにはじまり、映画のプログラムの考え方、映画館の作り方、スクリーン切り裂き事件に関するお話など、大変貴重な証言ばかりでしたが、私がなにより感動したのは、福寿さんの柔軟な発想力。とりわけ面白かったのは、映画のラストに流れる長時間のエンドロールを観客が我慢している状況を疑問に感じ、「エンドロールを上映しない代わりに、その部分を印刷してお客さんに配布させてもらえないか?」と映画会社に提案していたという話。もちろんNGだったそうですが、そうしたことを思いついて提案するだけでもすごいと思いました、本当に。

当館の近隣地域の話でいえば、10月の『出没!アド街ック天国』で「横浜黄金町」エリアが特集されました。黄金町だけで1時間! 私たちがジャック&ベティを引き継いだ2007年当時には全く想像できなかったことです(番組では、厳密には「これ黄金町か?」という地域も含まれてましたが笑)。
ジャック&ベティはランキング6位でしたが、1位となった黄金町バザールは、翌日に普段の数倍の来場者があったといいます。2020年1月でバイバイ作戦(=違法風俗店取り締まり作戦)からちょうど15年。横浜市の市庁舎が大岡川沿いに移ることもあり、黄金町は過去とは違った形でこれからも注目されそうです。

考えてればジャック&ベティは、そのように変化に富んだ黄金町と、歴史ある伊勢佐木町商店街のまさに中間に位置しています。変わるもの、変わらないもの、その両翼でさらに進化していきたいものです(まあ”変えられないもの”もありますけれども)。

2020年はまず変化の一環として、よりよい利便性をご提供するため、チケットのネット購入および、キャッシュレス決済の導入に本腰を入れることを、ここに予告的にお伝えいたします。2020年もどうぞよろしくお願いします。

                              副支配人小林

カテゴリー: スタッフブログ, 周辺情報, 映画館・ミニシアター | コメントする

★2020年ジャック&ベティ福袋販売致します★

来年も福袋を販売いたします。
ジャック袋とベティ袋の二種類をご用意いたします。お取り置きも承ります。
販売は2020年1月2日開館時よりになります。みなさまの新年のご来場をお待ちしております。
福袋告知

カテゴリー: イベント等告知, スタッフブログ, 映画館・ミニシアター | コメントする