韓国<ミリム劇場への道>3号

milim03_top<ミリム劇場への道>3号
〜2019年6月7日〜9日、韓国で、ジャック&ベティとミリム劇場の共同企画を開催予定!
本稿は当館のお客様にその進捗を報告し、見届けて頂くためのドキュメントです。〜
(報告:副支配人・小林)


<ミリム劇場への道>1号はコチラから
<ミリム劇場への道>2号はコチラから


 韓国・インチョンの映画館ミリム劇場での企画の日程は、6月7日(金)〜9(日)に決定した。
 訪韓する当館スタッフも、パスポートを引っ張り出したり、初海外の者はパスポートセンターに駆け込んだりして、航空券を確保した。当館スタッフ以外に訪韓されるのは、日本のミニシアターの歴史や現況を説明してくださるコミュニティシネマセンターのお2人と、当館で毎年、わかば町多文化映画祭を企画してくださっているArt Lab Ovaさんだ。
 あとは映画の作り手側で、どなたか参加してくださる方はいないか…。

 そんな折、樹木希林さん追悼特集『モリのいる場所』のトークゲストとして、沖田修一監督の来館が決まった。これは願ってもないタイミング。沖田監督といえば『南極料理人』以来、4作品を上映させて頂いている。そしてなによりあの沖田監督ならば、この『滝を見にいく』のような韓国への珍道中(?)に、楽しみつつ参加していただけるのではないか-。そんな思いもあり、ご相談したところ…なんと快く引き受けてくださった! 次作の準備でお忙しい中でもあり、大変有難いことで、ミリム劇場のチェ代表からも、すぐさま喜びの声が届いた。奇しくも、ミリム劇場での上映作品として『万引き家族』『日日是好日』『あん』が予定されていた。樹木希林さんに導かれるように、企画が形作られていったのであった。

===========================

2019年 6/7(金)〜6/9(日)ミリム劇場にて開催
<インチョンから横浜までージャック&ベティとミリム劇場>

◆日本映画 上映予定作品
『万引き家族』
『カメラを止めるな!』
『沖縄スパイ戦史』
『日日是好日』
沖田修一監督作品(作品近日決定)

◆韓国映画上映作品
『카운터스』(カウンターズ/ 2017)
『기생: 꽃의 고백』(妓生:花の告白/2017)
『1991, 봄』(1991、春/2017)
『어른이 되면』(おとなになったら/2017) ※いずれも日本未公開

◆バリアフリー版上映作品
『あん』
『아이 캔 스피크』(I Can Speak/2017)

◆フォーラム
① 「日本芸術映画館の現在と未来1-映画館ジャック&ベティの事例を中心に」
  登壇:ジャック&ベティ、 ホ ウンガン(仁川文化財団)、 ジョン チョルウォン(仁川独立映画協会)
②「日本芸術映画館の現在と未来2-日本コミュニティシネマセンターの事例を中心に」 
  登壇 : 日本コミュニティシネマセンター、 チェ ナクヨン (映画館アートハウス モモ)、ジュ ヒ(映画館アートナイン)
③「地域(市民) コミュニティー空間としての映画館の活用と芸術家の役割」
  登壇 : ART LAB OVA、キム インスク(文化芸術団体ジャクダン)、 オ ソクグン(アーティスト)

===========================

 ミリム劇場でのイベントの予定は上記のとおりです。正確なタイムテーブルが決まりましたら、当ブログにアップします。
 「ちょうど韓国に行ってるよ」だったり、「この機会に韓国に行こう!」というお客様がいらっしゃれば、ぜひミリム劇場でお会いしましょう。また、珍道中の現地の様子は、ジャック&ベティ各種SNSや小林Twitter(@Ykoba_cinema)でお伝えします。 
 訪韓後に発行する次号では、滞在記とともに、「反対に、日本側でなにができるか?」についてご報告します。


【ご協力のお願い】
ジャック&ベティのお客様の声をミリム劇場に持っていきます!


ジャック&ベティとミリム劇場の友好の証として、当館のお客様からのメッセージを届けます。何を書けばいいか分からないと思いますが、大丈夫です! 訪韓する我々本人も何に貢献できるのか、いまいち不安で仕方ないのですから(汗)。映画館の思い出や、好きな韓国映画、ミリム劇場へのメッセージなど、ぜひ自由に書いていただき、ロビー設置のボードに貼り付けてください。6月初まで設置して、スタッフが届けたいと思います。ご協力をどうぞよろしくお願いします。

大岡川の桜のように満開で持っていきたい!(設置の用紙でなくても構いません)

大岡川の桜のように満開で持っていきたい!(設置の用紙でなくても構いません)

カテゴリー: イベント等告知, スタッフブログ, 映画館・ミニシアター | 4件のコメント

【ジャック&ベティサロン】2019年5月のご案内

21st_B5Y_10-37夏都愛未
「令和」初日のジャック&ベティサロンのご案内です!

お客様との交流を図り、上映作品のご感想や劇場へのご意見、今後上映してほしい作品についてなど、ざっくばらんにお話を伺いたいと、毎月1日「映画の日」にジャック&ベティサロンを開催しています。

まぁ、お茶でも飲みながらお話をして、参加される方たち同士も親しくなったりと、ジャック&ベティを通じた新しいコミュニティができたら、おもしろいと思っています。どなたでも、ご参加いただけます。ジャック&ベティが初めてという方も大歓迎、楽しみ方をご説明いたします。ぜひ、気軽にお越しください。

そして、本日5/1(水祝・映画の日)は「21世紀の女の子」で舞台挨拶を開催する予定がございましたもので、「ジャック&ベティサロンという交流会があるのですが」とお声がけをさせていただきましたところ、ありがたいお返事をいただきまして、今回のサロンには、堀春菜さん、夏都愛未監督にもご参加いただく予定です。「21世紀の女の子」から、当館で5/25(土)公開予定の「浜辺のゲーム」についてなど、いろいろなお話をお聞きしたいと思います。

ぜひ気軽にご参加下さい!

★5/1(水祝・映画の日)19:10頃に劇場入口集合
(16:55回「21世紀の女の子」上映後)
舞台挨拶のゲスト、堀春菜さん、夏都愛未監督にもご参加いただく予定です。
※近隣会場に移動して開催(要1ドリンク代)

カテゴリー: ジャック&ベティサロン | コメントする

韓国<ミリム劇場への道>2号

milim02_top
<ミリム劇場への道>2号
〜2019年6月7日〜9日、韓国で、ジャック&ベティとミリム劇場の共同企画を開催予定!
本稿は当館のお客様にその進捗を報告し、見届けて頂くためのドキュメントです。〜
(報告:副支配人・小林)


<ミリム劇場への道>1号はコチラから

「ミリム劇場とジャック&ベティで、共同企画をやりませんか?」
 2018年11月にジャック&ベティに現れた韓国のミリム劇場チェ・ヒョンジュン代表からの思いがけない提案だった。
「映画の企画はたくさんありますが、このような企画は少なく、価値があると思います」
 確かに、国を越えて映画館が繋がる企画というのは、あまり聞いたことがない。実際、隣国である韓国の映画館事情について、何も知らない私がいるわけで。
 日韓の映画館と、そこに足を運ぶ映画ファンが交流すれば、お互い興味深い発見があるに違いない! 私は共同企画の実現と再会を約束してチェ代表と別れたのだった。

KOFIC(映画振興委員会)発行のスタンプラリー形式の「芸術映画館散策」。ミリム劇場も掲載されている。 韓国でも独立系映画館の支援が課題となっているようだ。

KOFIC(映画振興委員会)発行のスタンプラリー形式の「芸術映画館散策」。ミリム劇場も掲載されている。
韓国でも独立系映画館の支援が課題となっているようだ。


 帰国後のチェ代表の仕事ぶりは驚異的だった。ジャック&ベティの現状をヒアリングしながら、事業企画を作成。12月中旬が締め切りだという韓国の映画振興委員会への助成の申請も間に合わせてしまった。
 企画の仮タイトルは「인천에서 요코하마까지- 잭앤베티&미림(インチョンから横浜までー。ジャック&ベティとミリム劇場)」。両館が推薦する作品の上映を行うと共に、当館スタッフや監督など関係者がミリム劇場を来訪し、シンポジウムなどを開催。また両方の映画館をモチーフにアーティストが製作した作品展示も行う。
 そして12月25日のクリスマス。チェ代表から、韓国の映画振興委員会による支援が決定したと一報が入った。
 これで本当に、韓国に、ミリム劇場に行けちゃうのかー。

 企画の実現を受け、2月に再来日したチェ代表と劇場で再会。開催時期は6月7日(金)〜9(日)に決定した。
 ミリム劇場で上映する当館推薦の日本映画としては、会員の作品投票などを参考に、昨年に当館で好評だった作品を中心にリストアップした。(次号でお伝えします!)
 そして訪韓する劇場スタッフはどうするか…と悩んだ結果、思い切って、交代で社員全員が行くことにした。またとない機会。劇場を1日や2日くらい休館にしても行くべきでしょう(オイ)。映画館という業種ではありえない、おそらく最初で最後の社員旅行でもある。

IMG_6045
打ち合わせ後は伊勢佐木町で牛鍋を囲みました。個人的に悲願の初じゃのめやを達成…いやあくまでも、おもてなしデス

打ち合わせ後は伊勢佐木町で牛鍋を囲みました。
個人的に悲願の初じゃのめやを達成…
いやあくまでも、おもてなしデス

牛鍋後は、若葉町の韓国立ち飲みへ。

牛鍋後は、若葉町の韓国立ち飲みへ。


 残る課題は、共に訪韓し、シンポジウムに参加してくださる監督などの映画関係者だ。
 国際的とはいえ、大きなスポンサーがあるわけでもない、小さな映画館による草の根交流ともいえる企画。十分な謝礼が準備できるわけでもない。企画に興味を持って、楽しんで参加してくださる方が果たしているのだろうかー。
(3号へ続く※五月掲載予定)

**************************************

milimkikaku 2019年 6/7(金)〜6/9(日)韓国のミリム劇場にて開催
<インチョンから横浜までー。ジャック&ベティとミリム劇場)>
事業計画より一部紹介


<事業の背景>
ミリム劇場は、お年寄りが映画鑑賞の幅を広げ、様々な作品に接することができるよう、社会性の高い独立系映画を2015年から上映しているが、観客が大きく増えない状況が続いている。
お年寄りだけでなく、さまざまな世代が新しい映画と接することができるよう、こうした上映企画を続けたいが、韓国国内では、ミリム劇場と同様のモデルを見つけることは難しい。
そうした状況で知り合った横浜のシネマ・ジャック&ベティは、1952年に横浜名画座として始まり、閉館と再オープンを越えて、現在の立場を維持している。また地域の文化芸術団体であるART LAB OVAと協力して、毎年多文化映画祭を開催するなど、ミリム劇場の活動の方向と一致する部分が多く、今回の交流行事を通じて両劇場の共生と発展を図りたい。

<事業目的>
ミリム劇場は、地域社会の幅広い世代と共感し合う特別な機会として、日本の横浜で運営しているシネマ・ジャック&ベティとの国際交流プログラムを企画した。ジャック&ベティとの幅広い交流を通じて、「文化の多様性を満たす芸術映画の観客の開発」という共同の目標を達成したい。両劇場が直面しているいくつかの困難や悩みなどをオープンに議論し、危機をチャンスに転換するための課題をアーティスト、市民、観客と一緒に模索したい

<事業内容>
◦ミリム劇場で上映した韓国の独立系映画から5作品程度上映
◦シネマ・ジャック&ベティと、その観客が推薦する日本映画を5本程度上映
◦バリアフリー上映を開催予定
◦ジャック&ベティ、コミュニティシネマセンター、ART LAB OVA、監督らを招待し
 「独立系映画館の現在と未来」「市民とのコミュニケーション」などをテーマにフォーラムを開催

<特別展示>
– ミリム劇場とジャック&ベティをモチーフにした作品展示

1980年代、東インチョン一帯だけで、 19館もの映画館があったという

1980年代、東インチョン一帯だけで、
19館もの映画館があったという


**************************************

カテゴリー: イベント等告知, スタッフブログ, 映画館・ミニシアター | コメントする

映画半券サービスMAPを更新しました!

シネマ・ジャック&ベティの映画半券で、近隣のお店でお得なサービスが受けられる
「映画半券サービスMAP」の最新版ができました!
劇場にて配布スタートしております。

今回から台湾点心の「茂園」さま、喫茶&アートスペースの「アートアンドシロップ」さまに新たにご協力頂けることになりました。ありがとうございます!

「茂園」さん…1000円以上お買い上げで10%オフ
「アートアンドシロップ」さん…ドリンク&スイーツのセット注文で50円引き

映画の前後にぜひご利用ください。
A4omote_hanken2019

カテゴリー: 周辺情報, 映画館・ミニシアター | コメントする

【ジャック&ベティサロン】2019年4月のご案内

20181201_203655お客様との交流を図り、上映作品のご感想や劇場へのご意見、今後上映してほしい作品についてなど、ざっくばらんにお話を伺いたいと、毎月1日「映画の日」にジャック&ベティサロンを開催しています。

まぁ、お茶でも飲みながらお話をして、参加される方たち同士も親しくなったりと、ジャック&ベティを通じた新しいコミュニティができたら、おもしろいと思っています。どなたでも、ご参加いただけます。ジャック&ベティが初めてという方も大歓迎、楽しみ方をご説明いたします。ぜひ、気軽にお越しください。

KL201903
現在ジャック&ベティでは、サイレント映画ピアニスト柳下美恵さんの<THE ピアノ & シネマ vol.8>「キートンのセブン・チャンス」「ロイドの福の神」日替上映、連日、柳下美恵さんの即興演奏付き、を絶賛開催中です。
ということで、今回のサロンには、特別ゲストで柳下美恵さんにもご参加いただきます。いろいろなお話をお聞きしたいと思います。

ぜひ気軽にご参加下さい!

ジャック&ベティサロン
■ 4/1(金・映画の日)16:20頃~
(<柳下美恵のTHE ピアノ & シネマ vol.8>「キートンのセブン・チャンス」15:00回上映後)
会場:横浜パラダイス会館(劇場1F)※要1ドリンクオーダー

カテゴリー: ジャック&ベティサロン | コメントする