旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス screen ジャック

公式サイト: http://tabisuru-shashinka.com

フランスを代表する写真家とその妻が監督した、人生の旅路を描いた傑作ドキュメンタリー!
【終了日:11/3(金)】

【原題】Journal de France
【監督】レイモン・ドゥパルドン,クローディーヌ・ヌーガレ
【キャスト】レイモン・ドゥパルドン,クローディーヌ・ヌーガレ,アラン・ドロン,ジャン=リュック・ゴダール,エリック・ロメール
2012年/フランス/100分/アンプラグド/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
10月21日(土)〜10月27日(金)
15:10〜17:00
10月28日(土)〜11月03日(金)
09:30〜11:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(10/17(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:旅するラゲッジタグ
*無くなり次第終了となります
10/22(日)上映後、八木澤高明さん(ノンフィクション作家・写真家)によるトークあり

八木澤高明『日本殺人巡礼』写真展
上映期間中、劇場ロビーにて書籍『日本殺人巡礼』の写真展を開催中(10/22(日)まで)
詳細へ

彼の夢は、世界中を旅したフィルムのかけらで、一本の映画を作ること

【フランスを代表する写真家の“ガイドブックには決して載らない”世界旅行記】

フランスを代表する写真家のレイモン・ドゥパルドン(1942-)。写真家としてマグナム・フォトに所属。20世紀のあらゆる変革が起きた現場には、必ず彼がいると言っていいほど、世界中を飛び回って取材を続けてきた。また、フランス国内でも、大統領選挙や裁判所・精神病院・警察といった国家機関の内部を、市民の目線から描くドキュメンタリーを監督。カンヌ映画祭をはじめ国内外で高い評価を得ている。近年は、フランスの伝統的な農業を続ける家族を追った作品など、決して「ガイドブックには載らない」風景ばかりを40年以上に渡って撮影した作品を発表。フランスの真実の美を追い求め、今日も彼は愛車のワゴンに機材を詰め込み、フランス中を走り回って写真を撮っている。

【“旅とは「人生」と「愛」を発見させてくれるもの”】

本作の共同監督を務めたのは、妻であり自身の映像作品の製作・録音を担当してきたクローディーヌ・ヌーガレ。「倉庫に眠る膨大なアウトテイクをつないで、一本の映画にしたい」というドゥパルドンの夢を叶えるべく奔走。ドゥパルドンの人生のハイライト集であると同時に、「旅」を通じて、自分自身と愛すべきものを発見するという、普遍的な「人生の旅」を描いた作品として完成させた。観れば、きっとあなたも新たな旅に出たくなるドキュメンタリーだ。

【今秋、日本初の個展、回顧上映が開催予定!ドゥパルドン本人も来日!】

本作は2012年のカンヌ映画祭で公開、同年の東京国際映画祭でも上映され、長らく公開が待たれていたが、今年9月、シャネル・ネクサス・ホールで日本初の個展の開催に併せて公開が決定。個展のテーマも「DEPARDON/TOKYO 1964-2016」と、1964年の東京オリンピックから現在までの東京がテーマとなり、ドゥパルドン本人も来日予定だ。2017年秋は、まだ日本国内ではあまり知られていないドゥパルドンの魅力を堪能できる「ドゥパルドン・イヤー」となるだろう。

【STORY】

フランス、ヌヴェール。昔かたぎの写真店にあるようなビューカメラと呼ばれる大型のカメラをかついで撮影している年配の男性がいる。「露出が1秒だから、車や歩行者は困るんだ」「いいぞ。その人が通ったら…よし」とシャッターを切る。狙っているのは人物ではなく、50年代の趣を残す鄙びたタバコ屋や食料品店、カフェや家など。いずれも、ごく普通の人々が生活を共にするものばかりだ。
 そんな男性の映像を撮影している女性がいる。妻のクローディーヌ・ヌーガレである。「彼の夢は、世界中を旅したフィルムのかけらで、一本の映画を作ること」。どうやら、この男性こそがフランスを代表する写真家であり映画監督のレイモン・ドゥパルドンで、彼女は、夫が過去に世界中を旅して残して来た膨大なフィルムを整理して、一本の映画に編集し、その足跡を辿る作品を作っているようだ。
世界中の紛争地帯、独裁政権、傭兵たち…「カメラで見て・聞く」手法で記録していくドゥパルドンは、やがてジャーナリストとして取材の対象と題材の幅を広げていく。
そして今日、その眼差しとファインダーに写すものとは…。

関連映画
「旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)