ザ・ダンサー screen ジャック

公式サイト: http://www.thedancer.jp/

ロートレック、ロダン、コクトーらのミューズ<シルクと光のダンス>で、新時代を切り開いた伝説のダンサー、ロイ・フラーの驚愕の実話
【終了日:7/28(金)】

【原題】La danseuse
【監督】ステファニー・ディ・ジュースト
【キャスト】ソーコ,ギャスパー・ウリエル,リリー=ローズ・デップ,メラニー・ティエリー,フランソワ・ダミアン
2016年/フランス,ベルギー/108分/コムストック・グループ /DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
7月15日(土)〜7月21日(金)
18:00〜19:50
7月22日(土)〜7月28日(金)
10:55〜12:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

彼女は夢に すべてを賭けた_

【ロートレック、ロダン、コクトーらのミューズ〈シルクと光のダンス〉で、新時代を切り開いた伝説のダンサー、ロイ・フラーの驚愕の実話】

暗闇の中から光の花が現れた      19世紀末ベル・エポック。世界にひとつのダンスで、熱狂を巻き起こしたダンサーがいた。彼女の名は、ロイ・フラー。マネの絵でも有名な〈フォリー・ベルジェール〉で、一夜にして時の人となる。それは、自ら色や角度を設計した光の照明の中で、シルクの衣装が様々な形を織りなす、誰もが初めて目にするダンスだった。“モダン・ダンスの祖″と呼ばれ、パフォーマーとしての天才的なセンスが今再び評価されているロイ。偶然見た、長い衣装をまとって踊るロイの写真に衝撃を受けた写真家のステファニー・ディ・ジューストが伝記を基に映画化。夢を実現させるために闘ったロイの強い信念に心揺さぶられる、愛と友情のドラマが誕生した。

【ロイのライバル、イサドラ・ダンカン役には、“ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの美しすぎる娘”、リリー=ローズ・デップが熱演!】

ロイ・フラーには、ミュージシャンとして大ブレイク、先日の国際女性デーのマドンナのショートフィルムに出演し、ファッションアイコンとしても話題のソーコ。体力を消耗するので、3日おきにしか踊れなかったというロイのダンスを見事に自分自身のものとし、不屈の精神を力強く演じきった。ミステリアスなドルセー伯爵には、『たかが世界の終わり』でセザール賞を受賞したギャスパー・ウリエル。ロイに見出されるが、後に最大のライバルとなる伝説のダンサー、イサドラ・ダンカンには、リリー=ローズ・デップ。ただそこにいるだけで人々を虜にするイサドラを完璧に演じ、恐るべき才能を見せつけている。

【世界を熱狂させた天才ダンサー、ロイ・フラーとイサドラ・ダンカン、ふたりの情熱がぶつかり合う、夢と愛の行方は_?】

女優になることを目指していたロイは、ある時偶然舞台で踊り、初めて喝采を浴びる。ロイの才能を見抜いたドルセー伯爵の力を借り、パリ・オペラ座で踊る夢を叶えるために、ひとりアメリカから海を渡る。ロイのダンスを見たパリの観客は初めての体験に驚き、瞬く間にスターに。そして遂にパリ・オペラ座から出演オファーが舞い込む。無名だが輝くばかりの才能を放つイサドラを共演者に抜擢し、彼女への羨望と嫉妬に苦しみながらも舞台の準備を進めるロイ。しかし、そんな彼女に思わぬ試練と裏切りが待っていた──。

関連映画
「ザ・ダンサー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)