草原の河 screen ベティ

公式サイト: http://moviola.jp/kawa/

みずみずしい感動に満ちた日本初のチベット人監督劇場公開作!
【終了日:7/21(金)】

【原題】河 Gtsngbo
【監督】ソンタルジャ
【キャスト】ヤンチェン・ラモ,ルンゼン・ドルマ,グル・ツェテン
2015年/中国/98分/ムヴィオラ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
7月08日(土)〜7月14日(金)
09:40〜11:25
7月15日(土)〜7月21日(金)
19:55〜21:35 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

お父さんは お祖父ちゃんが 嫌いなの?

【日本で初めてのチベット人監督による劇場公開作品。娘、その父、そして祖父。家族三代それぞれの心情を峻烈な映像で描く。】

チベット。空と大地が広がる。厳しい自然の中で牧畜を営む家族。幼い娘は、母が新しい命を授かったと知り、やがて生まれてくる赤ん坊に母を取られてしまうと心を痛める。父は、4年前の出来事をきっかけに自分の父親をいまも許せないでいる。
娘、その父、そして祖父_。
家族三代それぞれの心情を、河が見つめている。
刻々と動く雲の隙間から降り注ぐ光、急に降りだす雨、凍った河を走るバイク、子羊の鳴き声、赤ん坊を授けるという天珠をじっと見つめる娘、生と死の無垢と残酷。
普遍的な物語でありながら、チベット人監督ソンタルジャの美しくも峻烈な映像の力が、驚きにも似た感動ではっと心を呼び覚ます。
みずみずしい感動に満ちた一作が誕生した。

【上海国際映画祭など国際的な高い評価と注目。】

2015年ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門でのワールド・プレミアを皮切りに、数々の国際映画祭で上映されて高い評価を受けた本作。上海国際映画祭では主演の少女を演じるヤンチェン・ラモ(撮影開始時6歳)がアジア新人賞・最優秀女優賞を最年少で受賞し、話題を呼んだ。また東京国際映画祭では『河』という原題でワールド・フォーカス部門にて上映され、公開が熱望されていた作品である。

【世界が注目する俊英、ソンタルジャ監督の長編第二作。】

監督は、2011年に発表した長編デビュー作『日に灼けた道』がバンクーバー国際映画祭でヤング・シネマ賞グランプリを受賞するなど、その第一作から独特な映像感覚によって映画的に物語を語る傑出した才能で、世界的な注目を集めた俊英、ソンタルジャ。これまでチベットを舞台にした映画は数々公開されてきたが、チベット映画人の監督作は本作が初めてとなる。同じチベットを舞台にしながら、外からの視点と内なる視点の相違を考えるのも興味深い。

【6歳の少女ヤンチェン・ラモと子羊ジャチャの名演。】

海抜3000メートルを超えるチベット高原で半農半牧の暮らしを営む一家を主人公にした本作は、父親へのわだかまりをいまだ捨てきれない男グルと、その幼い娘ヤンチェン・ラモがやがて生まれてくる赤ん坊に対して抱く葛藤とを重ね合わせて描く。素人の俳優を使いながら、それぞれの心のうちを見事に描ききったソンタルジャ監督の演出力は卓越している。わけても6歳の少女ヤンチェン・ラモと子羊ジャチャの名演は観客を驚かせるだろう。

関連映画
「草原の河」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)