リュミエール! screen ジャック

本作品の公開予定:10/28(土)〜

マーティン・スコセッシも絶賛!「映画の父」リュミエール兄弟の世紀の偉業が現代に蘇る!

【原題】Lumiere!
【監督】ティエリー・フレモー
2016年/フランス/90分/ギャガ/DCP

前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(10/22(火)まで)
前売り券特典:ポストカード

スピルバーグもルーカスもジェームズ・キャメロンもクロサワも小津も、映画はここから始まった_

1895年12月28日パリ。
フランスのルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明した“シネマトグラフ”で撮影された映画、工場から出てくる人々を撮影した有名な『工場の出口』が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒、現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、その当時の世界中の人々を驚かせ興奮させた。
そして、そこに描かれているのは、あの頃から現代に至るまで変わりのない人々の生きる姿_。本作は、1895年から1905年の10年間にリュミエール兄弟により制作された1422本の中から、カンヌ国際映画祭総代表、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた珠玉の90分である。
映像は4Kデジタルで修復され、フレモー氏が自ら解説ナレーションを担当。映画を愛してやまない全ての人に贈る奇跡の映像の数々が、きっとあなたを122年前の世界の旅へと誘うだろう_。

「リュミエール!」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)