永遠のジャンゴ screen ジャック

公式サイト: http://www.eien-django.com

1943年、ドイツ占領下のフランス・パリ―。音楽を武器にナチスに立ち向かった伝説的JAZZギタリストの真実の物語

【原題】Django
【監督】エチエンヌ・コマール
【キャスト】レダ・カティブ,セシル・ドゥ・フランス,ベアタ・パーリャ,アレックス・ブレンデミュール,グザビエ・ボーボワ
2017年/フランス/117分/ブロードメディア・スタジオ/

前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ

前売り券特典:ポストカード
*無くなり次第終了となります

暗く恐ろしい時代に、人々の心を灯した眩しいジプシーの音楽。ドイツ兵すらも虜にしたJAZZの音色が、戦場の片隅で鳴り響く_。

【ナチスが支配する戦時下を生きた天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの知られざる感動の物語】

「マイナー・スウィング」など数々の名曲を残し、ジミ・ヘンドリックス、B.B.キング、エリック・クラプトン、ジェリー・ガルシア、ジミー・ペイジ、カルロス・サンタナ、ジェフ・ベックなど世界中のミュージシャンたちが、もっとも影響を受けた“ギターの英雄”と讃える天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト。才能に溢れた気ままで奔放なアーティストとして知られ、「ヨーロッパ初の偉大なジャズ・ミュージシャン」と評される彼の、第二次大戦中の知られざる物語が、初めて描かれる。

【残された名曲の数々をフィーチャーし、音楽史上のレジェンドの“魂”を今に甦らせた映像世界】

現代のジプシー・ジャズの最高峰ギタリスト、ストーケロ・ローゼンバーグ率いるローゼンバーグ・トリオが、劇中の楽曲すべてのレコーディングを担当した本作は、音楽映画としても傑出した魅力を放っている。さらに、音源も譜面も一部しか残存しないジャンゴ作曲による「レクイエム」を、音楽家ウォーレ・エリスがインスピレーションから創作。初めて再現された幻の曲が、重要シーンで演奏されるのも見逃せない。監督は『チャップリンからの贈り物』『大統領の料理人』などの脚本を手掛けるエチエンヌ・マコール。初監督となる本作で、主演にフランスを代表する実力派俳優レダ・カテブを迎え、ジャンゴの魅力溢れる生き様から、壮絶な苦しみまでを史実に基づき繊細に描出した。

【ただ、美しい音楽を、永遠に奏でていたかった_。】

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったか、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる・・・。

「永遠のジャンゴ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)