追想 screen ジャック

公式サイト: http://tsuisou.com

70年代フランスを代表する愛と感動の反戦映画
【終了日:1/19(金)※1週間限定上映】

【原題】Le vieux fusil
【監督】ロベール・アンリコ
【キャスト】ロミー・シュナイダー,フィリップ・ノワレ,ジャン・ブイーズ,マドレーヌ・オズレー,ヨアヒム・ハンセン
1975年/フランス/102分/コピアポア・フィルム/DCP

1月13日(土)〜1月19日(金)
09:20〜11:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(1/9(火)まで)
前売り券特典:ポストカード
*無くなり次第終了となります
パンフレットをネットショップで販売中

燃え尽くされた記憶に、あなただけが見えた_。

【ロミー・シュナイダーの妖艶な美しさが遺憾なく発揮された、70年代フランスを代表する愛と感動の反戦映画】

第二次世界大戦時、ノルマンディー上陸作戦さなかのドイツ占領下フランスを舞台に、愛する妻子を殺された平凡な医師の凄惨な報復劇を描いた本作は、『冒険者たち』(67)のロベール・アンリコ監督による最高の復讐映画。主演は『地下鉄のザジ』(60)『ニュー・シネマ・パラダイス』(89)のフィリップ・ノワレと『ルートヴィヒ/神々の黄昏』(72)『離愁』(73)のロミー・シュナイダー。その美しさで夫を魅了し優しく愛する妻を演じたロミー・シュナイダーは、円熟した演技と輝くような美貌を存分に発揮。まさに代表作の名にふさわしい作品に仕上げてみせた。夫役のフィリップ・ノワレは、悲惨な現実と甘い追想との間で彷徨う男の鬼気迫る演技を見事に演じ、フランスを代表する演技派俳優の名を確かなものにする。ふたりは本作で第1回セザール賞最優秀男優賞&女優賞を受賞、本作は作品賞も受賞した。1975年のフランス映画界を席巻した傑作映画『追想』が40年ぶりによみがえる。

【凄まじい暴力描写とロマンチックな追想場面のなかで繰り広げられる、男の孤独な復讐劇】

1944年、ドイツ兵たちによる陰湿なパルチザン狩りが続く占領下フランスの小都市モントーバンで、外科医のジュリアンは、美しい妻クララ、一人娘のフロランスと幸せな家庭生活を送っていた。ドイツ兵の最後の足掻きが続く中、ジュリアンは妻と娘を田舎へと疎開させるが、後日、疎開先を訪ねた彼はナチス武装親衛隊(SS)に惨殺された家族の無残な姿を目にすることになる。復讐を誓い、古いショットガンひとつで一人また一人と兵士たちを殺害していく彼の脳裏に、家族と過ごした甘く幸福な日々の記憶が次々と去来する……。爽やかなソフトタッチで描かれる愛と幸福に満ちた日々の記憶と、男の狂気にも似た憎悪の交錯。凄まじい暴力描写と鮮烈な血のイメージはあまりにも強烈だ。火炎放射器を使ったドイツ兵の残虐さと、たった一人で敵に立ち向かう主人公の無謀さは、見る者に倒錯的な興奮をもたらす。タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』(09)にも影響を与えたと言われる、アメリカ製アクション映画とは一味違うフランス流傑作バイオレンス映画。

関連映画
「追想」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)