バルバラ セーヌの黒いバラ screen ベティ

公式サイト: http://barbara-movie.com

パリに愛され、世界の伝説となった歌姫バルバラが紡ぐ、激情のドラマ
【終了日:2019年2/1(金)】

【原題】Barbara
【監督】マチュー・アマルリック
【キャスト】ジャンヌ・バリバール,マチュー・アマルリック,オーロール・クレマン
2017年/フランス/98分/ブロードメディア・スタジオ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
1月19日(土)〜1月25日(金)
13:10〜14:50
1月26日(土)〜2月01日(金)
08:55〜10:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

私には愛という翼がついている──。

【人生とは愛であり、哀しみであり、歓びである――。セーヌの畔で、そして世界で最も愛された歌姫バルバラが、いまここに甦る! 】

「黒いワシ」「ナントに雨が降る」などの名曲で知られ、1950年代からシャンソン界の女王として君臨したフランスの伝説的歌手バルバラ。謎に満ちた彼女の人生を演じる女優とその映画監督は、いつしか愛の迷宮で彷徨う。愛に傷つき、愛に悦び、人生を駆け抜けた一人の歌手の魂の歌は、やがて二人をバルバラの人生そのものへと誘ってゆく…。
傷ついても立ち上がり、自らの苦しみに満ちた人生を歌い上げた、孤高の歌い人、バルバラ。世界はいったいなぜ彼女に熱狂したのか? その答えをわたしたちは目の当たりにするのだ。
監督・脚本・出演は『そして僕は恋をする』のマチュー・アマルリック。同作でも共演し、かつてアマルリックのパートナーであったジャンヌ・バリバールが、バルバラを熱演。その憑依的な演技で主演女優賞を総なめにした。実際のステージ映像を交えながら、20世紀最高の歌姫バルバラの人生をたどる、熱情の愛のドラマがついに誕生!

【STORY】

フランス、パリ。撮影スタジオでは、フランスを代表する国民的シャンソン歌手バルバラを描く映画の撮影準備に入っていた。主演はブリジット(ジャンヌ・バリバール)。監督はイヴ(マチュー・アマルリック)。ブリジットは役作りのために撮影期間中に用意された住まいにグランドピアノを準備し、その部屋はさながら映画のセットと同じようだ。スタッフから「脚本は日々変わる」と言われると、彼女はこう返すのだった、「わたしも変わる」と。
 ブリジットは憑かれたように、バルバラの仕草や表情をまねる。わずかな口角のあげ方、手先の動き、もちろんその特徴のある歌声。やがて、誰も演じえないと言われていた伝説の歌手が、カメラの前に姿を現すのだった──。

関連映画
「バルバラ セーヌの黒いバラ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)