マダムのおかしな晩餐会 screen ジャック

人生がまた楽しくなる、 スパイスの効いた大人のロマンティック・コメディ
【終了日:2019年1/18(金)】

【原題】Madame
【監督】アマンダ・ステール
【キャスト】トニ・コレット,ハーベイ・カイテル,ロッシ・デ・パルマ,マイケル・スマイリー,トム・ヒューズ
2016年/フランス/91分/キノフィルムズ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
1月05日(土)〜1月11日(金)
09:10〜10:50
1月12日(土)〜1月18日(金)
11:05〜12:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

愛には「嘘」のソースをかけて、召し上がれ。

エレガントなパリの都に越してきた、裕福なアメリカ人夫婦のアンとボブ。セレブな友人たちを招いてとびきり豪華なディナーを開こうとするが、手違いで出席者が不吉な13人に!大慌てでスペイン人メイドのマリアを“ミステリアスなレディ”に仕立て上げ、晩餐会の席に座らせる。ところが、緊張のあまりワインを飲みすぎたマリアはお下品な“ジョーク”を連発、逆にこれが大ウケしてダンディーな英国紳士から求愛されてしまう。今更正体を明かせないアンとマリアたちのから騒ぎの行方は・・・?
ハイブランドのドレスやジュエリーに絵画、ビュランの円柱をはじめ通好みのパリの名所の数々が目にも美味しい、人生を楽しみたい貴方に贈る、最高のごちそう映画ができあがりました!

【ハリウッド×ヨーロッパの個性派俳優の豪華共演!秘密の隠し味いっぱいのマダムの晩餐会へいらっしゃい!】

晩餐会を開くアンとボブの夫婦には、知的演技派のオスカー女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持つハーヴェイ・カイテル。生きることに旺盛で前向きなメイドのマリアには、ペドロ・アルモドバル監督のミューズで、世界一美しい鷲鼻を持つロッシ・デ・パルマ。フランスの新進気鋭の女流監督アマンダ・ステールによる本作は、上流階級たちの豪華な暮らしとスキャンダラスなゴシックを覗きながら、階級社会や夫婦の問題にさらりと直面させる、刺激と毒気がたっぷりと仕込まれた大人のロマンティック・コメディ!

「マダムのおかしな晩餐会」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)