芳華(ほうか) Youth screen ジャック

本作品の公開予定:4/12(金)〜

公式サイト: http://www.houka-youth.com

4000万人が涙したー。激動の嵐に包まれた70年代、中国。時代に翻弄された若者たちの青春の日々。

【原題】芳華 Youth
【監督】フォン・シャオガン
【キャスト】ホアン・シュアン,ミャオ・ミャオ,チョン・チューシー,ヤン・ツァイユー
2017年/中国/135分/アットエンタテインメント/DCP

前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ(4/8(火)まで)
前売り券特典:ポストカード

*無くなり次第終了となります

あの頃、初恋を心に秘めて、
あなただけをみつめていた──。

【ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠フォン・シャオガン監督最新作】

チャン・ツィイー主演『女帝エンペラー』(06)や『戦場のレクイエム』(07)『唐山大地震』(10)などを手がけ、これまで中国国内最大の映画賞である金鶏百花奨を5回、ヴェネチアやトロントでも受賞歴があり、ハリウッドのエージェント会社CAAとも契約、今や中国を代表する巨匠・フォン・シャオガン監督が、軍の歌劇団である文芸工作団(=文工団)に所属した自らの若き日の記憶をよみがえらせ、同じく若き日に文工団に所属し、『シュウシュウの季節』『妻への家路』で知られるゲリン・ヤンの原作をもとに、満を持して映画化した本作。中国で公開されるや2週連続1位を獲得し、1ヶ月で興収230憶円という爆発的な大ヒットを記録、文芸ドラマというジャンルにも関わらず年間興収ベスト10入りを果たし、国内の映画賞を席巻、のみならずアジアのアカデミー賞と呼ばれるアジア・フィルム・アワード最高の最優秀作品賞に輝いた。

【4000万人が涙した、美しく切ない青春ラブストーリー1970年代の中国─激動の時代に軍歌劇団として前線で生きる若者たちがいた】

物語は、文化大革命、毛沢東の死、中越戦争という激動の時代に揺れる中国で、軍や歌や踊りを披露し兵士たちを時に慰め時に鼓舞する役割を担う文工団に、17歳のシャオピンがダンスの才能を認められ入団するシーンから幕をあける。周囲となじめずにいる彼女の唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)。しかし、時代が大きく変化する中、ある事件をきっかけに、二人の運命は非情な岐路を迎える─。何十年にもわたる関係を軸に、文工団の若者たちの初恋と交錯する想いが、心に沁みる美しい音楽と踊りに彩られ、描かれる青春ラブストーリー。
シャオピンを演じるのは、純粋でまっすぐな眼差しが印象的な新星ミャオ・ミャオ。シャオピンが一途な想いを寄せるリウ・フォンを演じるのは染谷将太主演の『空海─KU-KAI─美しき王妃の謎』で白楽天を演じたホアン・シュエン。みどころは、文工団のダンサーたちが躍る、京劇と現代的なバレエを融合させた華麗で躍動的なダンスと、楽団員たちが様々なシーンで奏でる、心を揺さぶる音楽の数々。激しい戦線のすぐ傍らで、青春を送る若者たちの日々。裕福で時代の変化にうまく乗る者。貧しくとも誠実に生きる者。時代に残酷に翻弄されながらも、彼らの若き輝く瑞々しいきらめきと純粋な想いは、観客の胸をしめつけ、深い余韻とともに心に刻み込まれる。

「芳華(ほうか) Youth」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)