21世紀の女の子 screen ジャック

公式サイト: http://21st-century-girl.com

”21世紀の女の子に捧げる挑戦的短篇集”!
【終了日:2019年5/10(金)】

【監督】山戸結希,井樫彩,枝優花,加藤綾佳,坂本ユカリ,首藤凜,竹内里紗,夏都愛未,東佳苗,ふくだももこ,松本花奈
【キャスト】唐田えりか,竹内ももこ,詩歩,三浦透子,清水くるみ,堀春菜,倉島颯良
2019年/日本/117分/ABCライツビジネス/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
4月27日(土)〜5月03日(金)
16:55〜19:00
5月04日(土)〜5月10日(金)
19:20〜21:15 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(4/23(火)まで)
5/1(水祝・映画の日)16:55回上映前、舞台挨拶開催
登壇者:堀春菜さん、倉島颯良さん、夏都愛未監督

※上映後、19:10頃より開催のジャック&ベティサロン(交流会)に、ゲストの堀春菜さん、夏都愛未監督にもご参加いただく予定です。

この作品を観終わったとき、新しい議論と、待ち詫びた希望が生まれるような、未来の女の子たちのためのオムニバス短篇集としたいと考えています。

【映画『21世紀の女の子』とは?】

21世紀の東京には、個性豊かな、「映画の女の子」たちが生きています。
暗闇の内側で、その姿を輝かす彼女たちは、
この宇宙では、まだ、とても貴重な一等星だと名指されるのでした。

このたった今、映画へと向かい合う、
確固たる意志と、はなやかな才能を秘めた力強い作家たち。
1980年代後半〜90年代に生まれを持ち、20世紀の惜春を見おろす
それらの才能を、21世紀の便箋に、定点観測し、鮮やかに記録する。
オムニバス企画に収まりきらないほどの流れ星を追いかけるような
この試みは、やがてたった一つの星座を描くことになります。
短篇集のタイトルは、『21世紀の女の子』(英題:21st Century Girl)。

本作品には、映画の未来の星々そのものである、
15名の新進監督がチャレンジを表明。
手渡された封筒はたった一つ、
“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーがゆらいだ瞬間が映っていること”
全篇に貫かれた共通のテーマを、
各々の地点から、8分以内の短編で表現し、1本のオムニバス作品となります。

21世紀の女の子の、女の子による、女の子のための、とびっきりの映画たち。
真の「21世紀の女の子」の姿を、
あなたの目で、私たちの目で、確認してみましょう。

関連映画
「21世紀の女の子」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)