青の帰り道 screen ジャック

公式サイト: https://aono-kaerimichi.com

7⼈の若者達の⻘春群像劇。
それぞれの⼈⽣が交錯し、過去の思いを胸に抱きながら、新しい未来へ向かって進んでいく。
【終了日:2019年7/19(金)】

【監督】藤井道人
【キャスト】真野恵里菜,清水くるみ,横浜流星,森永悠希,戸塚純貴
2018年/日本/120分/NexTone/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
7月06日(土)〜7月12日(金)
17:15〜19:25
7月13日(土)〜7月19日(金)
14:55〜17:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
7/6(土)17:15回上映後、初日舞台挨拶
登壇者予定:藤井道人監督、アベラヒデノブさん(共同脚本)

これは 僕たちが大人になるまでの
10年間の記録──

2008年、東京近郊の町でまもなく
高校卒業を迎える7人の若者たち。
歌手を夢見て地元を離れ、上京するカナ(真野恵里菜)。
家族と上手くいかず実家を出て
東京で暮らすことを決めたキリ(清水くるみ)。
漠然とデカイことをやると粋がるリョウ(横浜流星)。
カナとの音楽活動を夢見ながらも受験に失敗し
地元で浪人暮らしのタツオ(森永悠希)。
できちゃった婚で結婚を決めた
コウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳)。
現役で大学に進学し、意気揚々と上京するユウキ(冨田佳輔)。
7人がそれぞれに大人への階段を上り始めて3年後、
夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者――
7人7様の人生模様が繰り広げられる。
そして、再び“あの場所”に戻った者たちの胸に宿る思いとは――

関連映画
「青の帰り道」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)