トム・オブ・フィンランド screen ジャック

鉛筆一本で革命をおこし“自由”と“誇り”のシンボルになった20世紀最も偉大な芸術家の愛と栄光の物語
【終了日:2019年10/18(金)】

【原題】Tom of Finland
【監督】ドメ・カルコスキ
【キャスト】ペッカ・ストラング,ジェシカ・グラボウスキー,ラウリ・ティルカネン,ヤーコブ・オフテブロ
2017年/フィンランド,スウェーデン,デンマーク,ドイツ,アメリカ/116分/マジックアワー/DCP

10月05日(土)〜10月11日(金)
16:10〜18:05
10月12日(土)〜10月18日(金)
21:30〜23:25 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
<R18+>指定作品
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(10/1(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店にて上映期間中も販売(特典は付きません)
*有隣堂の販売は売り切れの場合、販売終了となります。何卒ご理解の程お願いいたします。
前売り券特典:特大オリジナルステッカー(2枚)
*無くなり次第終了となります
TOM(16) WEEK キャンペーン
週替わりで“トム・オブ・フィンランド関連グッズ”を、各日【先着】で16名様にプレゼント!
映画公開を記念し製作したオリジナルグッズもあり!
日本ではなかなか手に入らない “トム・オブ・フィンランド“グッズをぜひこの機会に!
10/5(土)オリジナルトートバック
10/6(日)オリジナルクリアファイル
10/12(土)オリジナルポストカード
10/13(日)オリジナル缶バッチ

  

ゲイアートの先駆者
「トム・オブ・フィンランド」こと、トウコ・ラークソネンの波乱の半生とは!?

同性愛が厳しく罰せられた第二次世界大戦後のフィンランド。帰還兵のトウコ・ラークソネンは、昼間は広告会社で働き、夜は鍵のかかった自室で己の欲望をドローイングとして表現していた。スケッチブックの中で奔放に性を謳歌しているのは、レザーの上下に身を包み、ワイルドな髭を蓄えた筋骨隆々の男たち──。
トウコが仲間とこっそり楽しむために描き続けたそれらの絵は、「トム・オブ・フィンランド」の作家名でアメリカの雑誌の表紙をかざったことをきっかけに、ゲイ男性たちの希望のイメージとして世界中に広がっていく。

今やゲイカルチャーのアイコンとなっている、あの美しく逞しい男性像はどのように生まれたのか?
性的マイノリティに対する差別が激しかった時代、愛する人と外でてをつなぐことすらできない理不尽に苦しみ、肉親の無理解に傷つき、それでも描き続けた彼の原動力は何だったのか?そして、フレディー・マーキュリー、ファッションデザイナーのトム・フォード、写真家のロバート・メイプルソープをはじめ、無数の人々に勇気とインスピレーションを与えた彼の絵の魅力とは─。

関連映画
「トム・オブ・フィンランド」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)