ミドリムシの夢 screen ジャック

新鋭・真田幹也による初長編作品。日本初?の駐禁コメディ誕生!
【終了日:2020年11/13(金)※1週限定上映】

【監督】真田幹也
【キャスト】富士たくや,ほりかわひろき,今村美乃,吉本菜穂子
2019年/日本/86分/「ミドリムシの夢」製作委員会/DCP

オンラインチケット購入はこちら
11月07日(土)〜11月13日(金)
19:45〜21:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。
★連日上映後に、下記のゲストによるイベント開催!
※登壇者は変更、追加になる場合もございます。

・11/7(土)初日舞台挨拶
ほりかわひろきさん、真田幹也監督

・11/8(日)トークイベント
利重剛さん(俳優・映画監督)、真田幹也監督

・11/9(月)トークイベント
大崎章さん(映画監督『無限ファンデーション』『お盆の弟』)、真田幹也監督

・11/10(火)トークイベント
細野辰興さん(映画監督『シャブ極道』『私の叔父さん』)、真田幹也監督

・11/11(水)トークイベント
辻野正樹さん(映画監督『河童の女』)、
ほりかわひろきさん(主演)、真田幹也監督

・11/12(木)トークイベント
金田賢一さん(俳優)、真田幹也監督

・11/13(金)舞台挨拶
ほりかわひろきさん、真田幹也監督

駐車監視員──街の放置車両を取り締まる、人から嫌がられる職業。ネット上では「ミドリムシ」とも呼ばれている。

そんな彼等が「変わりたい」と思った一晩の話。

「ミドリムシの夢」は、“ミドリムシ”とも呼ばれる緑色の服を着た駐車監視員という職業をテーマに、「爽やかではない」おじさんが主人公の青春映画である。演出家・蜷川幸雄氏の元で修行を積み『オオカミによろしく』にてちちぶ映画祭グランプリを受賞した新鋭・真田幹也による初長編作品。脚本はハロープロジェクトや新劇の舞台などを手掛ける太田善也、音楽はタカタタイスケ(PLECTRUM)が担当。駐車監視員を演じるのは『スペシャルアクターズ』の富士たくやと『おっさん☆スケボー』のほりかわひろき。共演は今村美乃、吉本菜穂子、佐野和真、歌川椎子、仁科貴、長谷川朝晴、戸田昌宏、数々の作品で活躍中の演技派・個性派俳優陣が集結。全く異なる4つの事情からなる、現状から「変わりたい人たち」のとある一晩の話を疾走感をもって描く、日本初!?とも言える駐禁コメディがここに誕生しました。

【story】

2人組で駐車違反を取り締まっている駐車監視員(ミドリムシ)のマコトとシゲ。2人は毎日のように、ミドリムシ!税金泥棒!と罵られている。真面目なマコトは女子供構わずに厳しく取り締まるが、一方のシゲは女に弱くいい加減。
そんな凸凹コンビの2人に、深夜勤務の話が舞い込む。とある夜、駐車違反を見つけ通常通り違反切符を切った2人は予期せぬ事件に巻き込まれていくのであった…。

関連映画
「ミドリムシの夢」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)