“記憶”と生きる screen ジャック

深く刻まれた傷を抱え、壮絶な戦後の半生を送った 6人のハルモニおばあさんのありのままの声と日常

【監督】土井敏邦
2015年/日本/215分/きろくびと/ブルーレイ上映

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
10月03日(土)〜10月09日(金)
11:20〜15:10
10月10日(土)〜10月16日(金)
16:00〜
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,500
会員 ¥1,500 ¥1,500 ¥1,500
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
長編のため特別料金/招待券・ポイントカードによる無料鑑賞はご利用いただけません。ご了承ください。/10/3(土)〜9(金)1部・2部連続上映(5分〜10分程度の休憩あり)/10/10(土)〜16(金)は一部・二部日替り上映(チケット1枚で別日ご鑑賞いただけます)
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(9/29(火)まで)
10/3(土)、4(日)、5(月)、6(火)上映後、
土井敏邦監督による舞台挨拶

彼女たちは確かに存在した・・・・・
アジア太平洋戦争下、「慰安婦」にされた朝鮮人女性たちの消せない‟記憶”を記録したドキュメンタリー

****************

◉10/3(土)〜10/9(金)
 一部・二部を連続上映(途中休憩あり)

◉10/10(土)〜10/16(金)
 一部・二部を日替り上映(チケット1枚で別日で鑑賞頂けます)
 ▼10/10(土)・12(月祝)・14(水)→ 一部のみ上映
 ▼10/11(日)・13(火)・15(木)・16(金) → 二部のみ上映

****************

元「慰安婦」たちが肩を寄せ合って暮らす韓国の「ナヌム(分かち合い)の家」。1994年12月から2年にわたって日本人ジャーナリストがハルモニ(おばあさん)たちの生活と声をカメラで記録した。元「慰安婦」という共通の体験以外、その境遇や歩んできた道はまったく異なるハルモニたち。支えあい、時には激しくぶつかり合う。そんな生活の中で彼女たちは消せない過去の記憶と、抑えられない感情を日本人の記録者にぶつけ、吐露する。あれから20年近く経った今、あのハルモニたちはもうこの世にいない。残されたのは、彼女たちの声と姿を記録した映像だった……

2009年度キネマ旬報文化映画ベスト・テン第1位に輝いた『沈黙を破る』、2013年度同ベスト・テン第3位で文化庁映画賞文化記録映画優秀賞を受賞した『異国に生きる 日本の中のビルマ人』の土井敏邦監督が、戦後70年の2015年、あらためて「慰安婦」問題の”記憶”を辿るために完成した注目の最新作。3時間半を超えるこのドキュメンタリー映画は、「問題の解説」や「史実の検証」を目指したものではない。被害女性たちの証言を ありのままに記録した映像作品である。


【第一部 分かち合いの家】
「ナヌム(分かち合い)の家」で暮らすハルモニたち。過去を忘れるための酒が手放せず荒む女性、息子に過去を知られ悩み苦んだ女性、戦後、結婚もできず孤独に生きてきた女性……。彼女たちの日常生活とともに、「慰安婦」の記憶や戦後の波乱の半生を語る5人の声を丹念に記録。

【第二部 姜徳景】
ナヌムの家の住人で最年少の姜徳景(カン・ドクキョン)は、「女子挺身隊」として日本に渡るが、脱走したことで「慰安婦」にされる。望まない子を宿し、戦後帰国した彼女の波乱の半生。その体験と心情を姜徳景は絵で表現した。やがて肺がん末期と宣告される。彼女が死を迎えるまでの2年間を記録。



関連映画
「“記憶”と生きる」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)