ゆめのほとり 認知症グループホーム 福寿荘 screen ジャック

公式サイト: http://www.isefilm.com

伊勢真一監督作品。札幌市にある認知症グループホームの日常をスケッチした、穏やかで、静かで、優しいヒューマンドキュメンタリー。【終了日:12/25】

【監督】伊勢真一
2015年/日本 /85分/いせフィルム /DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
12月12日(土)〜12月18日(金)
14:00〜15:30
12月19日(土)〜12月25日(金)
11:45〜13:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
リピーター割引1000円/「妻の病」との相互割引1000円 ※窓口にて「ゆめのほとり」「妻の病」鑑賞時の半券をご提示下さい。
・12/13(日)14:00回上映後、
 伊勢真一監督、友部正人さんミニトークショー
 ※トークショー後、交流会開催予定。

・12/20(日)11:45回上映前、
 伊勢真一監督の舞台挨拶あり。

・12/23(水祝)11:45回上映前、
 伊勢真一監督の舞台挨拶あり。

パンフレットをネットショップで販売中

認知症の人は「何もわからない人」ではありません。
何気ない一言やワンシーンに耳を澄ませてください。

映画『ゆめのほとり−認知症グループホーム 福寿荘−』は、北海道・札幌市のグループホーム福寿荘で共に暮らす人々を、2年間にわたって記録したドキュメンタリーです。

映画は、重度・軽度さまざまな認知症の人々が、それぞれの日々を共に生きる姿を淡々と映し出します。

認知症の人は“何もわからない・できない人”ではありません。

“本人なりの思いや願い・できる力を秘めている人”、“地域社会のなかで築いてきた暮らしや人生があり、今を生きている人”、“日々、喜怒哀楽を共にしながら、支え合っていくパートナー”です。

映画『妻の病−レビー小体型認知症−』(2014年製作)で、認知症の家族を夫婦愛の物語として描いた伊勢真一監督とそのスタッフが、グループホームを舞台に、一人ひとりの物語をスケッチした、穏やかで、静かで、優しいヒューマンドキュメンタリー。

本作は認知症についての説明等が殆どありません。

「認知症」という病を見つめる以上に「人間」を見つめたいと思うからです。

何気ない一言やワンシーンに耳を澄ませてください。

観る人がそれぞれに深く思いを巡らせる映画として、受け止めてもらえたらと願っています。

関連映画
「ゆめのほとり 認知症グループホーム 福寿荘」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)