男と女 【併映:「ランデヴー」】 screen ベティ

公式サイト: http://otokotoonna2016.com/

フランス恋愛映画の傑作が50年ぶりにデジタル・リマスター版でスクリーンに甦る!【終了日:12/23(金)】

【原題】Un homme et une femme
【監督】クロード・ルルーシュ
【キャスト】アヌーク・エーメ,ジャン=ルイ・トランティニャン,ピエール・バルー,バレリー・ラグランジェ
1966年/フランス/104分/ドマ,ハピネット/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
12月10日(土)〜12月16日(金)
14:55〜16:50
21:10〜23:05 [レイト]
12月17日(土)〜12月23日(金)
09:35〜11:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(12/6(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)

パンフレットをネットショップで販売中

たちきれぬ過去の想い。
それでも惹かれ合う男と女。

【待望!!フランスが誇るラブストーリーの不滅の名作が50年ぶりにデジタル・リマスター版でスクリーンに蘇る。】

♪ダバダバダ〜♪のメロディで知られるクロード・ルルーシュ監督の『男と女』が、50年の時を超えて鮮やかな映像でよみがえったデジタル・リマスターで初上映。

パリで一人暮らしをするアンヌとカーレーサーのジャンは、ドービルにある同じ寄宿舎に娘と息子を預けていることから知りあい惹かれあった。が、いまだ辛い過去を忘れられない二人は……。流麗なカメラワーク、カラーとモノクロームを使い分けた大胆なモンタージュ、そして甘美なメロディが“運命の出会い”に魅入られた男と女の恋を浮き彫りにしていく。“男”には『暗殺の森』('70年)の名優ジャン=ルイ・トランティニャン。“女”にはジャック・ドゥミ監督の処女作『ローラ』('60年)で脚光を浴びたアヌーク・エーメ。慎ましさの中に成熟した女性の色香を漂わせるお洒落な存在自体が、モードの極みだ。映像とサントラ、そして名演がみごとにシンクロした珠玉のラブストーリーは、いま見ても新鮮な衝撃と感動を与えることは間違いない!

関連映画
「男と女 【併映:「ランデヴー」】」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)