神様たちの街 screen ジャック

公式サイト: http://kamisamaga.com

阪神淡路大震災10年目を契機に始まった兵庫モダンシニアファッションショー。12月の本番まで8ヶ月間に亘り、ショーに関わる人々の姿を追った。
【終了日:12/2(金)※1週限定上映】

【監督】田中幸夫
2016年/日本/75分/オリオフィルムズ/ブルーレイ上映

十分余裕をもってお座りいただけます。
11月26日(土)〜12月02日(金)
11:30〜12:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

死ぬまで生きる。
戦災、震災を生き抜いた人々の爆笑ファッションショー

【『徘徊 ママリン87歳の夏』(2015)で認知症映画のイメージを一変させた田中幸夫監督最新作。】

人は忘れる生き物である。そしてまた、人は忘れない生き物でもある。

1995年1月 阪神淡路大震災。
神戸市兵庫区は甚大な被害を受けた地区の一つだ。
あれから20年、いまだ震災前の人口は戻らず、高齢化はさらに進んだ。「一面の焼け野原、震災は戦災と同じやった」そう語る人もいる。彼らは過去を生きているのではない。今ここを生きている。嘆くのでも恨むのでもない。ささやかなハレとケ。淡々と自らの命を紡ぐ日々。
かれらの経験から学ぶことは今しか出来ない。いや、もう十分に遅すぎる。“大きな出来事”を体験した“小さな人たち”は、上から大声で叫ぶのではない。
私たちと同じ目の高さから自分にも言い聞かせるように、小さな声で語りかける。一つ一つは何処にでもある取るに足らない出来事かもしれない。しかし、かけがえのない“小さな言葉”は“遠くまで”届く。死者に、未来に届く。そして、静かに強く長く残る。

【忘れること 忘れないこと 変わるもの 変わらないもの】

阪神淡路大震災10年目を契機に始まった兵庫モダンシニアファッションショー。
12月の本番まで8ヶ月間に亘り、ショーに関わる人々の姿を追った。
歳月とは? 忘れるとは? 変わるとは? 日常とは?ハレの日とは? 装うとは?そして人が人と生きるとは? 正しい答なんて何処にもないのかもしれない。それでも人々は生きる。淡々と、限られた生を、死者たちに与えられた生を。

【STORY】

2015年夏、神戸市兵庫区の会下山公園山頂広場。
朝6時過ぎ、三々五々集まってくる人々から映画は始まる。神戸市は古くからラジオ体操会が盛んな町だ。
総勢250名あまりが集まって朝のラジオ体操が始まる。
世話役の木下文夫さん(67歳)「僕はまだまだ新米。6000回以上達成者が一杯いますよ」
伝統あるラジオ体操会が一度だけ途絶えそうになったことがある。
1995年1月阪神淡路大震災。それでも震災四日目には復活し現在に至る。
震災直後の火災を記録した映像が残っている。
「記録することは大切なことだ」元会長:山中敏夫さん(88歳)の証言が重い。
「一面の焼け野原、震災は戦災の再来だった」そう語る頼廣安子さん(83歳)は
「焼夷弾の雨の中、妹の手を引いて会下山に向かった」日のことを昨日のことのように憶えている。
握り締めた手の温みと鼻に付く焼け焦げの臭い。兵庫区の人口はいまだに戻らず、町には高齢者が目立つ。

震災から十年を契機に、「兵庫モダンシニアファッションショー」が開かれてきた。
毎年12月に様々な人々が思い思いのファッションでステージに立つ。映画はショー本番までの半年を追う。
神戸芸術工科大学ファッションデザイン学部長・見寺貞子教授(60歳)は元大手百貨店のバイヤーだった。
震災を経て大学に移り、人間とファッションの好ましいあり方を追求してきた。
「ファッションショーは、教えるというより学ぶことの多いライフワークだ」と語る。
「お年寄りたちはめちゃ元気。元気をもらうというより元気を吸い取られるよう」と笑う。
出演メンバーは多士済々。仲良し三人組の男性陣(75歳78歳79歳)は生粋の神戸っ子・兵庫人だ。

女性陣のリーダー頼廣さんは言う。
「男性と違い女性はエエカッコしない。皆あけすけ。いつも仲良くとはいかない。諍いもあったり…。だって人間だもの」仲間の春次子さん(83歳)は震災復興住宅で独り暮らし。月二回開くふれあい喫茶では、朝早く起きて毎回卵100個を茹でる。行政などの支援があるとはいえ、実際に切り盛りするのは住人である高齢者自身だ。
下釜誠幸さん(76歳)は長崎県浦上出身。長崎の原爆投下を体験した。
「目の前に太陽が現れたみたい」ファッションショーには障害のある人たちも参加する。

隠さない、構えない、飾らない。シビアだが温かい。
彼らは自分という衣もさらりと脱ぎ捨てて闊達自在。飄々洒脱。そこには、歳を重ねたものが持つ知恵と豊かさが宿っているようだ。夏から秋へ、それぞれの時間を生きる人々の姿が重なって…。

2015年12月6日、兵庫公会堂。

第11回兵庫モダンシニアファッションショーが始まった。ささやかなハレのステージ。ショーの翌日。会下山公園山頂広場には、変わらぬラジオ体操会のメンバーの姿があった。ただ、夏とは違い未だ夜明け前で暗い。前日ショーに参加した木下さんは二日酔みたい。
そこにはショーの裏方を務めた見寺教授や学生達の笑顔もあった。

関連映画
「神様たちの街」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)