ヒッチコック/トリュフォー screen ベティ

フランソワ・トリュフォーによるアルフレッド・ヒッチコックへのインタビューが、現代を代表する監督たちによって語られるドキュメンタリー
【終了日:1/6(金)】

【原題】Hitchcock/Truffaut
【監督】ケント・ジョーンズ
【キャスト】マーティン・スコセッシ,デビッド・フィンチャー,アルノー・デプレシャン,黒沢清,ウェス・アンダーソン
2015年/フランス,アメリカ/80分/ロングライド/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
12月17日(土)〜12月20日(火)
11:45〜13:10
15:05〜16:30
20:05〜21:30 [レイト]
12月21日(水)
11:45〜13:10
15:05〜16:30
12月22日(木)〜12月23日(金)
11:45〜13:10
15:05〜16:30
20:05〜21:30 [レイト]
12月24日(土)〜12月30日(金)
11:25〜12:50
12月31日(土)
11:30〜13:05
1月02日(月)〜1月06日(金)
11:30〜13:05
21:30〜22:50 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(12/13(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:ポストカード
パンフレットをネットショップで販売中

君たち、たかが映画じゃないか
10名の監督たちが語る、“ヒッチコックの映画術”

【現代へと脈々と受け継がれる、“ヒッチコックの映画術”。伝説の本「映画術 ヒッチコック/トリュフォー」にまつわるドキュメンタリー。】

1962年の春、トリュフォーは、敬愛する監督ヒッチコックに長い手紙を送った。『大人は判ってくれない』でヌーヴェル・ヴァーグの旗手として時代の窮自であった若き映画監督による尊敬に満ちたその手紙は、ヒッチコックの心を動かし、ここに映画史に残る歴史的インタビューが実現、「映画術 ヒッチコック/トリュフォー」が生まれることとなる。フランス、アメリカで同時に出版された著書は、世界中のクリエイターたちにとって教科書となり、ヒッチコックの作家的評価を巨匠の域へと押し上げる契機となった。
本作は、その貴重な音源とその後20年にわたるふたりの友情を感動的に映し出すドキュメンタリー。さらにマーティン・スコセッシ、デビッド・フィンチャー、ウェス・アンダーソン、黒沢清といった錚々たる現代の10名の巨匠たちが登場し、独自の視点でヒッチコック映画を解説しているという実に豪華なフィルムである。そして彼らの言葉は、ヒッチコックとトリュフォーの魂が、どれほどその後のハリウッドをはじめ、世界の映画作家を魅了し、現代まで脈々と受け継がれているかを語ってくれる。

関連映画
「ヒッチコック/トリュフォー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)