エリザのために screen ジャック

「汚れなき祈り」のクリスティアン・ムンジウ監督による第69回カンヌ国際映画祭監督賞受賞作
【終了日:未定】

【原題】Bacalaureat
【監督】クリスティアン・ムンジウ
【キャスト】アドリアン・ティティエニ,マリア・ドラグシ,ブラド・イバノフ,バレリウ・アンドリウツァ
2016年/ルーマニア,フランス,ベルギー/128分/ファインフィルムズ/DCP

1月28日(土)〜2月03日(金)
13:30〜15:40
21:00〜23:10 [レイト]
2月04日(土)〜2月10日(金)
09:35〜11:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

必ず守る 娘だけは

【カンヌ映画祭で3度受賞に輝くクリスティアン・ムンジウ監督、最新作!】

ルーマニアン・ニューウェーブ*をリードするクリスティアン・ムンジウは、監督と脚本を手掛けた2007年の長編第二作『4ヶ月、3週と2日』でチャウシェスク独裁政権末期1987年のルーマニアを舞台に、妊娠したルームメイトの違法な中絶を助けしようと駆け回る主人公の1日を描き、初めて第60回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選ばれ、その衝撃的で緊張感に満ちた映像で、ルーマニアに初の最高賞パルムドールをもたらした。世界中に名を知られることになり次の作品が期待されるなか、5年後、2012年・第65回カンヌ映画祭において、『汚れなき祈り』で、女優賞&脚本賞のW受賞を得る。2016年・第69回カンヌ映画祭において、卒業試験に娘を合格させるため、違法なコネとツテを使い奔走する親の姿を描いた『エリザのために』(監督・脚本・製作)で、見事、監督賞を受賞する。徹底したリアリズムと緻密な脚本、秩序ある構成は、ムンジウの映画を他とは一線を画す存在へと引き上げている。

*ルーマニアン・ニューウェーブ…ムンジウを初め、第63回ベルリン映画祭 金熊賞(最高賞)受賞『私の、息子』の カリン・ペーター・ネッツアー監督など、ルーマニアでは近年世界の映画祭で評価を受ける監督・作品が次々と輩出されている。

【STORY】

医師ロメオには、イギリス留学を控える娘エリザがいる。彼には愛人がおり、家庭は決してうまくいっているとは言えない。ある朝、ロメオは車で娘を学校へ送っていくが、校内に入る手前で降ろし、彼女は徒歩で登校することに。しかし白昼人通りもあるなかで、エリザは暴漢に襲われてしまう。大事には至らなかったが、娘の動揺は大きく、留学を決める翌日の卒業試験に影響を及ぼしそうだ。これまで優秀な成績を収めてきたエリザは、何もなければ合格点を取り、ケンブリッジ大学で奨学生になれるはずだった。ロメオは娘の留学をかなえるべく、警察署長、副市長、試験官とツテとコネを駆使し、ある条件と交換に試験に合格させてくれるよう奔走する。しかしそれは決して正しいとは言えない行動で、ついに検察官が彼の元へやってくる…。

関連映画
「エリザのために」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)