島々清しゃ(しまじまかいしゃ) screen ベティ

慶良間諸島を舞台に音楽が繋ぐ人々の物語。新藤風、11年ぶりの監督作!
【終了日:未定】

【監督】新藤風
【キャスト】伊東蒼,安藤サクラ,金城実,山田真歩,渋川清彦
2016年/日本/100分/東京テアトル/DCP

4月01日(土)〜4月07日(金)
13:15〜14:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(3/28(火)まで)
有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:オリジナル五線譜ノート
4/1(土)15:05回上映時、
初日舞台挨拶開催
登壇者(予定):
中西美帆さん、坂下雄一郎監督、他

奏でることが、心を解き放つ_

【監督 新藤風×天才子役 伊藤蒼×安藤サクラ】

故・新藤兼人監督の血を受継ぐ新藤風監督が、前作から11年ぶりにメガホンを執った本作は、沖縄を代表する作曲家・普久原恒勇の名曲で本作のタイトルにもなっている「島々清しゃ」が繋ぐ人と人との絆の物語。自分の耳が良すぎることをコンプレックスに思い、母親とも友だちともうまく関係を築けないうみを演じるのは、『湯をわかすほどの熱い愛』〈16/中野量太監督)などで注目を集める演技派子役・伊藤蒼。他の子どもたちと、吹奏楽を通して徐々に距離を縮めていくという難しい役どころに加えて、初のフルート演奏も見事にこなし、堂々と演じきった。東京から島を訪れ、うみをやさしく見守り、その背中をそっと押すヴァイオリニストの祐子には、第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝き、今や日本映画を代表する女優・安藤サクラ。自身初のヴァイオリンを猛特訓し、ドラマから演奏シーンまで多岐にわたる演技を、実力と安定感をもってナチュラルに体現している。また、うみのおじいを沖縄を代表する唄者の金城実が演じ、劇中で素晴らしい三線と歌を披露するほか、うみの母親・さんごに山田真歩、サックス奏者の漁師・真栄田に渋川清彦と実力派のキャストが脇を固める。監督自身、うみの境遇に進藤家の親子三代それぞれの思いを重ねたと語る本作。「人間、生きているだけで80点よ」。沖縄の離島を舞台に、そこに息づく日々の小さな営みと音楽によって紡がれる人間賛歌が、ここに誕生した。

【沖縄・慶良間諸島 雄大な自然と美しい音楽に抱かれ、心が通じ合っていく_】

那覇市から西に約40kmに位置する慶良間諸島。耳が良すぎて、少しでも音のズレを感じると頭痛がしてしまう小学生のうみは、三線の名手であるおじいと二人で暮らしていた。ある夏の日、島で開催されるコンサートのためにヴァイオリニストの祐子がやってくる。耳のせいで変わり者扱いされ、母親や友だちとの関係に悩むうみは、祐子と出会い、フルートを練習し吹奏楽部に参加することで、少しずつ頑なに閉ざしていた自分自身を解放していく。祐子また心を取り戻していく。裕子の訪れがうみに変化をもたらし、さらには島の人たちもそれぞれの悩みや問題を乗り越えていく_。島々の清らかで美しい自然と音楽とが、人々をつなぎ、自分に向き合う力を与えてくれるひと夏の物語。

関連映画
「島々清しゃ(しまじまかいしゃ)」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)