RE:BORN リボーン screen ベティ

下村勇二監督と世界が注目するアクションスターTAK∴(坂口拓)がタッグを組む究極のアクション映画!
【終了日:11/10(金)※1週限定上映】

【監督】下村勇二
【キャスト】TAK∴,近藤結良,斎藤工,長谷部瞳,篠田麻里子
2017年/日本/106分/アルバトロス・フィルム/DCP

11月04日(土)〜11月10日(金)
17:25〜19:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
11/4(土)17:25回上映後、初日舞台挨拶開催
登壇者:TAK∴さん、稲川義貴さん、賢太さん、下村勇二監督

ゼロレンジ(零距離)で体験せよ!
ラスト40分のたたかい(極限)。

【STORY】

国防軍演習場で、特殊訓練に参加した部隊が全滅する事件が起こる。
それは対一兵対一個小隊という異常な状況を想定する「対ゴースト戦」と称された特殊訓練であった…。
黒田敏郎(TAK∴)は石川県加賀市でコンビニの店員をしながら、少女サチ(近藤結良)と暮らしていた。
敏郎は時折自分の中で暴れだす破壊の衝動を押さえながら、日々を慎ましく、一見安穏な日々送っている。
しかし、彼らがひっそりと暮らす田舎町で、不可解な殺人事件がおこる。
それは、ファントムと呼ばれる謎の男(大塚明夫)からの、敏郎に対する警告だった。 敏郎はかって最強と言われた特殊傭兵部隊に属しながら、自らの手で部隊を壊滅させた。 ただひとり、自分をかばって重症を負った健二(斎藤工)と、指揮官であったファントムを残して… ファントムは敏郎を処刑するため、特殊部隊を引き連れて追ってきたのだった。 敏郎は、送られてくる暗殺者を密かに始末しながら、逃げるでもなく、少人数で決戦の準備を始める。
その無謀な戦いの果てに見る、未来のために・・・。

関連映画
「RE:BORN リボーン」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)