逆光の頃 screen ジャック

公式サイト: http://gyakko.com/

タナカカツキの名作を、『ももいろそらを』と『ぼんとリンちゃん』小林啓一監督で映画化!
【終了日:1/12(金)※1週限定上映】

【監督】小林啓一
【キャスト】高杉真宙,葵わかな,清水尋也,金子大地,桃月庵白酒
2017年/日本/66分/SPOTTED PRODUCTIONS/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
1月06日(土)〜1月12日(金)
17:55〜19:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(1/2(火)まで)
前売り券特典:ステッカー
・1/6(土)17:55回上映後、小林啓一監督初日舞台挨拶あり

パンフレットをネットショップで販売中

日常と非日常、夢と現実_

【古都・京都の街並みを背景に、双方の世界を行き来する一人の少年のゆらめきときらめき。】

京都生まれ、京都育ちの17歳、赤田孝豊。高校2年生である彼は、思春期ならではの同級生との別れや喧嘩、そして幼馴染の少女との初恋を経験する。日常と非日常、夢と現実_古都・京都の街並みを背景に、双方の世界を行き来する一人の少年のゆらめきときらめきが、鮮やかに紡ぎ出されていく。
主人公・孝豊を演じるのは、『ぼんとリンちゃん』で注目を浴び、17年には『PとPK』『散歩する侵略者』などの出演作が相次いで公開される高杉真宙。また、幼馴染・みことを演じるのは、『サバイバルファミリー』『陽だまりの彼女』のほか、17年10月から放送のNHK連続テレビ小説「わろてんか」でもヒロインを務める、葵わかな。
原作は「コップのフチ子」で一躍時の人となったマンガ家・クリエイターのタナカカツキによる処女作。監督は映像化を切望していた小林啓一(『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』)。長期にわたる京都ロケを敢行し、花街の祇園、鴨川を渡る四条大橋、五山送り火(大文学)といった、おなじみの世界観を忠実に再現している。
どこか懐かしくもあり、どこか新しい、そんな青春映画の枠にとらわれない、観る者の心に深く刻まれる珠玉の名作がここに誕生した_。

関連映画
「逆光の頃」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)