きっと、いい日が待っている screen ベティ

2017年デンマーク・アカデミー賞作品賞含む6部門受賞!コペンハーゲンで実際に起きた事件を基に北欧の実力派スタッフが集結。
【終了日:2/9(金)※1週限定上映】

【原題】Der kommer en dag
【監督】イェスパ・W・ネルスン
【キャスト】ラース・ミケルセン,ソフィー・グロベル,アルバト・ルズベク・リンハート,ハーラル・カイサー・ヘアマン
2016年/デンマーク/119分/彩プロ/DCP

2月03日(土)〜2月09日(金)
09:00〜11:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

誰にも明日が約束されなかった時代。
兄は今日を生きた_。弟は未来を夢見た_。

【コペンハーゲンで実際に起きた事件を基に、「THE KILLING/キリング」を手掛けた北欧の実力派スタッフが集結。】

1967年当時、デンマーク、コペンハーゲンのゴズハウン少年養育施設を中心に子どもに対する強制暴力・薬物投与問題調査が21世紀になって行われ、2000年代半ばに報告書が公表された。この実際に起きた事件を基にしたヒューマンドラマは、デンマークで史上最高視聴率を獲得したテレビドラマ「THE KILLING/キリング」の原案、製作総指揮を務めたことで知られるセーアン・スヴァイストロプが原案と脚本を手掛けた。監督を務めるのはデンマークの映画界を牽引している映画監督ラース・フォン・トリアーが所属する映画製作会社ツェントローパの新鋭、イェスパ・W・ネルスン。ラース・フォン・トリアーやスサンネ・ビア、トマス・ヴィンターベアの監督作品を数多く手掛けているシシ・グラウム・ヨーアンスン、ルイーセ・ヴェストらがプロデューサーで参加している。主人公の幼いふたりの兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは児童養護施設に預けられたことをきっかけに、平穏な人生を一瞬のうちに奪われてしまう。独裁的で閉鎖された施設の中でも、夢と希望を持ち続け、反旗を翻そうとするひたむきな少年たちの姿が感動を呼ぶ。イェスパ・W・ネルスン監督は、本作を旧約聖書に出てくる「ダビデとゴリアテ」のように、弱小な者が強大な者を打ち負かす物語だと語る。幼い兄弟たちは、初めて感じる絶望や恐怖を乗り越え、自分たちの力で未来を切り拓いていく。

【デンマーク・アカデミー賞2017年、最多(作品賞含む)6部門受賞。】

主演の兄弟、エリック役のアルバト・ルズベク・リンハートと、エルマー役のハーラル・カイサー・ヘアマンは、共に映画初出演にして、大人顔負けの演技を披露して、今後の活動が期待されるデンマークの新鋭。子どもたちを見守る教師ハマーショイ役を演じるのは、デンマークで史上最高視聴率を獲得し、イギリスBBCでも大ヒットを記録したテレビドラマ「THE KILLING/キリング」で主演を務めたソフィー・グローベル。国内外での功績が評価され、2017年、デンマーク王国よりダンネブロ勲章を授与されている。厳酷な校長役には、ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」や「SHERLOCK」で好演し、『007 カジノ・ロワイヤル』、『偽りなき者』で知られるマッツ・ミケルセンの兄でもある、ラース・ミケルセンが名を連ね、物語に重厚さを醸し出している。本作は、世界の映画祭で喝采を浴び、デンマークのアカデミー賞と言われるRobert Awards 2017で、作品賞、オリジナル脚本賞、助演男優賞、助演女優賞 、美術賞、衣裳賞を受賞し、最多6部門を受賞した。

【1967年、コペンハーゲンの養護施設を舞台に、実際に起こった愛と奇跡の物語。エリックとエルマーの兄弟の絆は、希望となって周囲に勇気を与えていく。】

1967年、コペンハーゲン。13歳のエリックと10歳のエルマーは母親と3人で、貧しいながらも、つつましく幸せに暮らしていた。ある日、病気が悪化した母親が入院することになってしまう。幼い兄弟だけでは生活していけないと役人に判断され、エリックたちは男子児童向けの養護施設に預けられることになる。初日から、内反足で足の悪いエルマーにとっては酷な岩運びの作業を指示され、上級生たちからもイジメの標的にされてしまう。しかし周りの児童たちは誰も助けてくれず、突然の環境の変化に戸惑い、不安に駆られる。その夜、エリックとエルマーは施設から逃げようとするが、呆気なく捕まってしまう。ヘック校長は兄弟に「勝手なことをすれば罰する」と言い放ち、ほかの児童たちに彼らを制裁するよう指示を出す。実は、施設内では厳しい規律が定められ、ヘック校長や職員たちはしつけという名のもと、児童たちに体罰を与えていたのだ。新しく赴任してきたハマーショイ先生は傷だらけになったエリックたちの手当てをしながら、彼らに「言いつけを守っていれば、最後に報われる」と諭す。エリックは施設を出られる日まで、幽霊のよう目立たないように過ごそうとエルマーに決意を語るのだったが_。


関連映画
「きっと、いい日が待っている」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)