ルージュの手紙 screen ベティ

公式サイト: http://rouge-letter.com

30年ぶりに突然現れた、血のつながらない母。カトリーヌ・ドヌーヴが演じる母が、可笑しくて愛おしい!
【終了日:1/5(金)※元旦1/1(月)のみ休館】

【原題】The Midwife
【監督】マルタン・プロボ
【キャスト】カトリーヌ・ドヌーブ,カトリーヌ・フロ,オリビエ・グルメ,カンタン・ドルメール,ポーリーヌ・エチエンヌ
2017年/フランス/117分/キノフィルムズ/DCP

混み合います。満席にはなりませんが、
ご入場が後になると、お席が選びづらくなります。
12月16日(土)
09:30〜11:30
12月17日(日)〜12月18日(月)
13:30〜15:30
12月19日(火)〜12月22日(金)
09:30〜11:30
13:30〜15:30
12月23日(土)〜12月29日(金)
09:00〜11:00
12月30日(土)〜12月31日(日)
15:35〜17:35
1月02日(火)〜1月05日(金)
15:35〜17:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(12/12(火)まで)
前売り券特典:幸せを運ぶ紅茶スプーン
*無くなり次第、終了となります
パンフレットをネットショップで販売中

カトリーヌ・ドヌーヴ×カトリーヌ・フロ
フランスの2大女優が、驚く程ハマり役!?人生を彩るメッセージを届けてくれる

もしも、何もかも正反対の相手が突然現れて、自分を予想外の未来へと導いてくれるとしたら——?
セーヌ川が流れるパリ郊外を舞台に、血のつながらない母と娘が30年ぶりの再会を果たす。
本来なら決して近づくことのない対照的な生き方をしてきた彼女たちが、互いの人生を交錯させ、やがて行き詰まった日常から心を解放してゆく——。
母と娘のユーモアのあるやりとりや、年齢を重ねたからこそ変化する女同士の絆が、共感と感動を呼び起こす。
映画界に咲き誇る大輪の花、カトリーヌ・ドヌーヴが、まるで彼女自身の生き方そのもののように、人生を謳歌する“母”役を演じ、チャーミングな魅力が全開! 度が過ぎるほど真面目な“娘”役には、『大統領の料理人』で脚光を浴びたカトリーヌ・フロ。この冬、あなた自身も気づかなかった心の扉を、“ふたりのカトリーヌ”が笑いと涙で、そっと開けてくれる——。

【猫のように自由奔放に生きる、血のつながらない母とストイックで真面目過ぎる娘母娘のやりとりが、笑いと感動を呼び起こす!!】

助産婦として働きながら、女手ひとつで息子を育てあげ、地道な日々を送っていたクレール。
そんな彼女のもとに、30年前に突然姿を消した、血のつながらない母親ベアトリスから
「今すぐ、あなたに会いたい」と電話が入る。自己中心的でお酒とギャンブルが大好きなベアトリスは、クレールとは真逆の性格。ベアトリスと再会したクレールは、自由奔放な継母のペースに巻き込まれ、反発を繰り返しながらも、やがて人生の歓びや愉しみに気づき始める。二人の間に新たな絆が生まれる時、ベアトリスは“ある決断”をする事になり…。失われた時間を埋めながら、彼女たちが見つけたものとは——。

関連映画
「ルージュの手紙」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)