Ryuichi Sakamoto: CODA screen ベティ

世界的音楽家 坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー
【終了日:1/5(金)※元旦1/1(月)のみ休館】

【監督】スティーブン・ノムラ・シブル
【キャスト】坂本龍一
2017年/アメリカ,日本/102分/KADOKAWA/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
12月16日(土)〜12月22日(金)
17:30〜19:20
12月23日(土)〜12月29日(金)
20:05〜21:50 [レイト]
12月30日(土)〜12月31日(日)
09:15〜11:00
1月02日(火)〜1月05日(金)
09:15〜11:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

これは最終楽章のはじまりなのか

世界的音楽家 坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えた、初の劇場版ドキュメンタリー映画。2012年から5年の長期間に渡る、本人への密着取材によって実現。さらに充実したアーカイブ素材と、初公開のプライベート映像、坂本自身が語る貴重な過去のエピソードも映画を彩る。
坂本が「千のナイフ」でソロデビューしたのは、今から40年近く前となる1978年。同年には、細野晴臣、高橋幸宏の3人でイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成し、そのポップロックとシンセサイザー音楽を融合させた革新的なサウンドで世界的人気となった。今も音楽史を語る上で、外せない重要な存在だ。
80年代には、『戦場のメリークリスマス』、『ラスト・エンペラー』に出演しその音楽も手がけて多くの賞を受賞、映画音楽家としての地位も確立した。それ以降も、作曲家、演奏家、音楽プロデューサーとして幅広いジャンルで活動。90年代後半になると、社会問題・環境問題に意識を向けるようになり、その変化は音楽表現にも表れていった。
そして2014年、中咽頭ガンという思いがけない診断をされ、作曲の努力を続けながらも休息期に入った。1年近くに及ぶ闘病を経て『母と暮らせば』、『レヴェナント:蘇りし者』の映画音楽で仕事復帰。2017年春には、8年ぶりのオリジナルアルバム「async」をリリースした。
多くの作品を生み出し続けてきた、現在65歳の坂本の震災以降の音楽表現の変化に興味を抱き、密着取材を始めたのは、本作が劇場版映画初監督となるスティーブン・ノムラ・シブル。ソフィア・コッポラ監督の『ロスト・イン・トランスレーション』のプロデューサーを務めたことで知られている。
現在と過去を行き来しながら、40年に及ぶ音楽活動の数々の名曲と共に追いかけるうちに、私たちは彼の人生の中で、いくつものターニングポイントがあったことに気付く。そこには、内外の出来事に反応して柔軟に変化していく姿と、一貫して音を探求していく変わらない姿が共存している。
その中で、監督も着眼した大きな変化とは、テクノロジーに頼る現代人の営みが、自然環境を蝕み、人間の行き場所をも奪ってしまうことへの悲しみと憤りだろう。それは東日本大震災で被災した1代のピアノに象徴される。調律から外れた音を、自然に戻った音だと感じるに至り、自分の音楽に取り入れる坂本の心境の変化には、胸を打たれずにはいられない。9.11以降に始めたという、世界各地を巡って〈音〉を集めるその姿にも、驚きと感銘を覚えるだろう。
さらに坂本は、物を叩く音や擦る音、雨や鳥の声などの自然の音、廃墟の音、街の雑踏のノイズなどを集め始める。そんな様々な〈音〉と、坂本の紡ぎ出した〈音楽〉がひとつになる瞬間、私たちは新しい音と出会う純粋な喜びに包まれる。
YMOから映画音楽家までの変遷、社会・環境問題へのコミットメントから闘病生活まで―坂本が「全てをさらけ出した」と語る深淵なドキュメンタリー映画が完成した。

関連映画
「Ryuichi Sakamoto: CODA」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)