勝手にふるえてろ screen ジャック

本作品の公開予定:2/3(土)〜

公式サイト: http://furuetero-movie.com

ひねくれで、自分勝手で、夢見がち。絶滅危惧のヒロイン・ヨシカが立ち上がる!!

【監督】大九明子
【キャスト】松岡茉優,渡辺大知,石橋杏奈,北村匠海,趣里
2017年/日本/117分/ファントム・フィルム/

前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ(1/30(火)まで)
有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)

前売り券特典:オリジナル付箋
*無くなり次第終了となります

この恋、絶滅すべきでしょうか?

24歳のOLヨシカは中学の同級生“イチ”へ10年間片思い中!過去のイチとの思い出を召喚したり、趣味である絶滅した動物について夜通し調べたり、博物館からアンモナイトを払い下げてもらったりと、1人忙しい毎日。そんなヨシカの前へ会社の同期で熱烈に愛してくれる“リアル恋愛”の彼氏“二”が突如現れた!!「人生初告られた!」とテンションがあがるも、いまいち二との関係に乗り切れないヨシカ。まったくタイプではない二への態度は冷たい。ある出来事をきっかけに「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」と思い立ち、同級生の名を騙り同窓会を計画。ついに再開の日が訪れるのだが・・・。

“脳内片思い”と“リアル恋愛”の2人の彼氏、理想と現実、どっちも欲しいし、どっちも欲しくない・・・
恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ!!ラブコメ史上最もキラキラしていない主人公の暴走する恋の行方を、最後まで応援したくなる痛快エンターテインメントがついに誕生!!

【芥川賞作家 綿矢りさの真骨頂!
妄想力爆発の恋愛小説が待望の映画化。】

原作は、01年に「インストール」でデビュー、「蹴りたい背中」で第130回芥川賞を受賞した作家・綿矢りさによる同名小説。十八番とも言える毒舌さえわたる切れ味のいいモノローグで女性のリアルな感情を描き高い評価を受けている。『インストール』(04)に続く2作目の映画化となる本作のメガホンを取ったのは、『でーれーガールズ』(15)などで、現代の女性を優しい視線で描いてきた大九明子監督。

【今世紀最高のコメディエンヌの誕生!
いま最も注目を浴びる女優・松岡茉優 初主演作。】

主演を務めるのは、映画初主演となる女優・松岡茉優。映画『ちはやふる』での若宮詩暢役が記憶に新しく、ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」、「コウノドリ2」への出演が立て続くなど、若手実力派として映画にTVに大活躍中。不器用すぎる主人公ヨシカを演じきり、コメディエンヌとしての才能を存分に見せつける。スクリーンいっぱいに放たれるそのキュートな魅力に老若男女問わず誰もが喝采を送りたくなること間違いなし。そんなヨシカの“リアル恋愛”の彼氏に黒猫チェルシーで、ボーカルを務めながら、役者・映画監督としても独特の存在感を放つ渡辺大知。黒猫チェルシーが手掛ける本作の主題歌「ベイビーユー」ではストレートに恋する気持ちを歌い上げ、映画に彩りを添えている。そして“脳内片思い”の彼氏には、DISH//でボーカル・ギターを務め、『君の膵臓をたべたい』、『恋と嘘』など話題作への出演が続く、人気急上昇中の若手俳優・北村匠海。その他、ヨシカを取り巻く共演者には、石橋杏奈、古舘寛治、片桐はいりなど超個性的なキャストの競演も見逃せない。

関連映画
「勝手にふるえてろ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)