苦い銭 screen ジャック

働けど、働けど。中国で名匠ワン・ビンが見つめた人生いろいろ。
【終了日:6/15(金)】

【原題】Ku Qian
【監督】ワン・ビン
2016年/フランス,香港/163分/ムヴィオラ/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
6月02日(土)〜6月08日(金)
11:25〜14:10
6月09日(土)〜6月15日(金)
20:35〜23:20 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(5/29(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店にて上映期間中も販売(特典は付きません)
前売り券特典:お金が貯まる?!お札ふせん
*無くなり次第終了となります
パンフレットをネットショップで販売中

故郷を離れ、彼らは言う。
「苦い銭を稼ぎにいくんだ」。

雲南省出身の15歳の少女シャオミンは、バスと列車を乗り継ぎ、遠く離れた浙江省湖州へと向かう。縫製工場で働くためだ。そこは出稼ぎ労働者が80%を占める街。朝から晩まで働いて、ただ働いて。それでもそこには胸に響く一瞬がある。初めて街で働きはじめる少女たちの瑞々しさ、酒に逃げる男、ヤケになる男……。14憶が生きる巨大中国の片隅で、1元の金に一喜一憂する彼らの人生を想う。そして気づく。
“彼ら”は世界のいたるところに存在する“私たち”。

【1元=約17円】

ドキュメンタリーにも関わらず、ヴェネチア映画祭は「脚本賞」を授与した。その理由がわかる、劇場映画以上の感動と、ずっと見ていたくなる面白さ。こんな会話が、こんな表情が、こんな瞬間がなぜ撮れる?
カメラの存在を消す天才監督ワン・ビンならではのマジックが炸裂した傑作。

関連映画
「苦い銭」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)