女になる screen ベティ

公式サイト: http://onnaninaru.com

性同一性障害を抱える21歳の大学生が、性別適合手術へと至る様子を軽やかに映し出すドキュメンタリー
【終了日:3/8(金)※1週限定上映】

【監督】田中幸夫
2017年/日本/74分/風楽創作事務所,オリオフィルムズ/ブルーレイ上映

十分余裕をもってお座りいただけます。
3月02日(土)〜3月08日(金)
19:45〜21:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

あの『ITECHO凍蝶圖鑑』から4年、LGBTsドキュメンタリー映画第二弾─

【田中幸夫監督コメント】

2016年の春、拙作「凍蝶圖鑑」(2014)を観たという
大学生が、私に映画製作の話を持ち込んで来た。
今回の映画の主人公となった未悠(みゆ)だ。
未悠は子どもの頃から心と体の違和に苦しんできた。
「来年の春休みに性別適合手術をする予定です。
是非、私を撮ってほしい!」と言う。
男の体をもちながら女の心をもつ未悠・・・。
「私のような子を応援していきたい!」
強い覚悟に押されるように撮影に入った。
忌避、蔑み、偏見、差別の渦巻く中、
未悠はあっけらかんと生きていく。
未悠の生き方に共感する人たちも声をあげ始めている。
ドキュメンタリー映画は覚醒するためにある。
感動や怒りや不幸の底上げ大安売りの時代、
「女になる」はフラットだからこそのリアルに徹した。
明るく楽しくバカバカしく、
ちょっと真面目に生きる未悠たち。
映画を通して
多様性を認め合う社会の萌芽を
少しだけ刻印できたのではないかと思っている。

関連映画
「女になる」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)