グッバイ・ゴダール! screen ジャック

公式サイト: http://gaga.ne.jp/goodby-g/

第70回カンヌ国際映画祭正式出品、ゴダールのミューズ アンヌ・ヴィアゼムスキー 自伝映画化!
【終了日:8/10(金)】

【原題】Le Redoutable
【監督】ミシェル・アザナビシウス
【キャスト】ルイ・ガレル,ステイシー・マーティン,ベレニス・ベジョ,ミーシャ・レスコ,グレゴリー・ガドゥボワ
2017年/フランス/108分/ギャガ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
7月13日(金)
21:30〜23:20 [レイト]
7月14日(土)〜7月15日(日)
09:15〜11:05
15:40〜17:30
21:35〜23:25 [レイト]
7月16日(月)〜7月17日(火)
15:40〜17:30
21:35〜23:25 [レイト]
7月18日(水)〜7月20日(金)
09:15〜11:05
15:40〜17:30
21:35〜23:25 [レイト]
7月21日(土)
21:35〜23:25 [レイト]
7月22日(日)〜7月27日(金)
14:35〜16:25
21:25〜23:15 [レイト]
7月28日(土)〜8月03日(金)
19:55〜21:45 [レイト]
8月04日(土)〜8月10日(金)
15:20〜17:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
<R15+>15+指定作品
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
前売り券特典:オリジナルミニノート※数量限定
パンフレットをネットショップで販売中

アンヌ、19才。パリに住む哲学科の学生。
そして恋人はゴダール。

【映画、恋、五月革命──少女が駆け抜けた青春の日々。】

もうすぐ20歳のアンヌは、それまで予想だにしなかった刺激的な日々を送っていた。世界中から注目される気鋭の映画監督ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ち、彼の新作『中国女』の主演を飾ることになったのだ。新しい仲間たちと映画を作る刺激的な日々、そしてゴダールからのプロポーズ。初体験ばかりの毎日を彼女は夢中で駆け抜けていくが、1968年の五月革命が2人の運命を変えていく──。

【新たなるゴダールミューズ誕生!ステイシー・マーティンの魅力満載。】

原作は、女優であり、作家であり、ゴダールの妻でもあったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説。そのアンヌに扮するのは、『ニンフォマニアック』でスクリーンデビューを飾り、MiuMiuフレグランスの広告塔を務めるなど、ファッショニスタとしても大注目されているステイシー・マーティン。誰もの目を釘付けにするコケティッシュな魅力で、新たな“ゴダールミューズ”を演じている。ゴダールを演じるのは、圧倒的な役作りで世界を唸らせたルイ・ガレル。天才の孤独や偏屈さ、それでも憎めないチャーミングな一面を、ユーモアと敬愛をこめて描きあげる。ファッション、ヘアメイク、インテリア、音楽、映画──今も全く色あせない60年代フレンチカルチャーが、鮮やかにスクリーンに蘇る。

関連映画
「グッバイ・ゴダール!」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)