最後のランナー screen ジャック

公式サイト: http://saigo-runner.com

アカデミー賞受賞の名作『炎のランナー』伝説の金メダリスト知られざる、壮絶な“その後”の物語
【終了日:2019年2/8(金)※1週限定上映】

【原題】On Wings of Eagles
【監督】スティーブン・シン
【キャスト】ジョセフ・ファインズ,ショーン・ドウ,エリザベス・アレンズ,リチャード・サンダーソン,ジェシー・コーブ
2016年/中国,香港,アメリカ/96分/ブロードメディア・スタジオ/DCP

2月02日(土)〜2月08日(金)
17:35〜19:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

たとえ燃え尽きようとも、走った先にある、希望〈ゴール〉を信じて──。

1924年パリ・オリンピック題材に描かれた『炎のランナー』。主人公であるふたりのアスリートの内なる信念と尊厳に光をあて、アカデミー賞4部門を制した名作だ。とりわけ宣教師の息子であるエリック・リデルが、宗教上の理由で日曜日に行われる試合を辞退し、その後の400メートル走で優勝に輝くエピソードは、多くの映画ファンの胸に熱く刻まれた。
しかしリデルには、知られざる“その後”の物語がある。オリンピックで一躍ヒーローとなった彼が、その後赴いたのは中国の天津。無限の可能性を秘めた若きランナーは、なぜアジアの新天地へと旅立ったのか。本作はその真実に迫り、リデルの軌跡を今に伝える感動作だ。リデルを演じるのは、『恋におちたシェイクスピア』『エリザベス』などのジョセフ・ファインズ。実力派俳優が、アスリート引退後も信仰を貫いて走り続けた聖職者を、繊細にして力強く体現した。

【アスリートとして、宣教師として生きた、1人の英雄の栄光と悲劇。彼はなぜ、命を懸けてまで、最後のレースに挑んだのか──。】

パリ・オリンピックで金メダルを獲得したエリック・リデルが、その翌年、中国の天津へ旅立った。敬虔なクリスチャンである彼はアスリートとしての栄光を追い求めず、宣教師として生きる道を選んだ。しかし1937年、日本軍が天津を占領。妻子をカナダに退避させ、ひとりこの地に留まったリデルは人道支援を続けようとする。やがて中国における外国人を取り巻く状況は悪化し、リデルは大勢の欧米民間人と共に収容所に入れられてしまう。過酷な抑圧と体調不良に苦しむリデルは、“走る”ことで不屈の情熱と信念を示し、仲間や子供たちに尊い希望をもたらしていく。そんななか、リデルが金メダリストであることを知った収容所の指揮官が、彼にレースを申し入れる。しかし、安息日の日曜日にリデルが身を投じたその“最後のレース”の先には、思いもよらない結末が待ち受けていた・・・。

関連映画
「最後のランナー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)