妻の愛、娘の時 screen ジャック

本作品の公開予定:2018年(9月以降)〜

公式サイト: http://www.magichour.co.jp/souai/

シルヴィア・チャン監督・主演作。3世代の女性たちのそれぞれの想いを時に切実に、時にユーモラスに描いた感動作!

【原題】相愛相親 Love Education
【監督】シルビア・チャン
【キャスト】シルビア・チャン,ティエン・チュアンチュアン,ラン・ユェティン,ウー・ヤンシュ,ソン・ニンフォン
2017年/中国,台湾/120分/マジックアワー/DCP

前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ
前売り券特典:春夏秋冬ポストカードセット(本国ポスタービジュアル)
*無くなり次第終了となります

彼女は一生を信じ、私は一言を信じ、あなたは一瞬だけを信じる。
妻として、母として、娘として──
3世代の女性たちが探し求めるそれぞれの愛の形。

【アジアを代表する女優シルヴィア・チャン監督・主演最新作】

『過ぎゆく時の中で』(88)、『恋人たちの食卓』(94)など数多くの香港・台湾映画に出演してきた大女優、シルヴィア・チャン。
映画監督・プロデューサーとしてもアジア映画界を代表する存在として活躍し、これまでに金城武主演『君のいた永遠』(99)、ベルリン国際映画祭コンペティション部門選出『20.30.40の恋』(04)、トロント国際映画祭出品『念念』(15)などを発表してきたチャン監督の最新作となる『妻の愛、娘の時』は、母の死をきっかけに、田舎にある父の墓をめぐる3世代の女性たちのそれぞれの想いを切実に、時にユーモアを交えて描いた感動作。
撮影は、ホウ・シャオシェン監督作品や、『春の雪』『空気人形』など日本映画の撮影も手掛ける名カメラマン、リー・ピンビン。チャン演じるヒロインの夫役は、中国映画界の巨匠・田壮壮(ティエン・チュアンチュアン)監督。チャンが『呉清源 極みの棋譜』(田壮壮監督/07)に出演して以来の仲で、俳優として本作の出演に至った田壮壮が、優しく包容力あふれる味わい深い演技を披露している。
本作の原題「相愛相親」(愛しあい、親しみあう)に想いを込めたチャン監督は、それぞれ異なる価値観を持つ3世代の女性が人生を見つめ直す姿を通して、「家族のなかにも世代の違いがあり、どうすれば理解しあえるのかを描きたい」と語る。
誰にでも訪れる家族の問題、他人事とは思えない展開に、笑い、泣き、感動する、この秋一番心に染みる珠玉の作品が誕生した。

【STORY】

母の死を看取ったフイインは、母を父と同じ墓に入れるため、田舎にある父の墓を自宅のそばへ移そうとする。夫や娘と共に、父の故郷を久しぶりに訪れるが、父の最初の妻ツォンや、彼女に同情した村人たちに激しく抵抗され、大きな波紋を巻き起こしてゆく。夫の帰郷を一途に待ち続けたツォンは、田舎の家で一人暮らしをしていた。
フイインは、自分の母こそが本妻だと証明するために、両親の結婚証明書を発行しに行くが、都市開発によって役所が移転したと言われ、なかなか手に入れることができない。長年務めた学校教師の職をもうすぐ定年退職することも相まって、思い通りに事が進まずイライラを募らせていく。
そんな妻を優しく見守る夫・シアオピンは、彼女のために定年祝いのメッセージカードを買いに行ったりと陰ながら支えようとするのだが、ひょんなことから、勤め先の自動車教習所の生徒・ワンさんとの仲を、妻に疑われてしまう。
フイインの娘・ウェイウェイはミュージシャンのボーイフレンド、アダーから北京に一緒に行こうと言われ迷っていた。そんな折に、彼女が働いているテレビ局が、フイインとツォンの「お墓をめぐるトラブル」に目をつけ取材をしようとする。ウェイウェイは、ツォンのところへ足しげく通い、昔話を引き出して取材を進めるが、2人は次第に打ち解け、心を通わせていく。
そして遂に、テレビ番組にツォンが出演する日がやって来た。過剰な演出で煽り、見学にきていたフイインもカメラの前に晒され、お互いに感情のままに想いをぶつけあう。
フイイン、ウェイウェイ、ツォン。大切に想う人への気持ちが複雑に交錯するなか、それぞれが最後に下した決断とは……。

「妻の愛、娘の時」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)