ヴァンサンへの手紙 screen ジャック

公式サイト: http://uplink.co.jp/vincent/

突然に命を絶った友人ヴァンサン。ろう者だった彼へ、レティシア監督が10年間の想いを綴った手紙。
【終了日:12/28(金)】

【原題】J'avancerai vers toi avec les yeux d'un sourd
【監督】レティシア・カートン
2015年/フランス/112分/アップリンク,聾の鳥プロダクション/DCP

12月15日(土)〜12月21日(金)
13:00〜15:00
12月22日(土)〜12月28日(金)
13:00〜15:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
12/18(火)は手話弁士付き上映のため、当日券: 一般1800円、学生・シニア・障がい者1500円 ★専用前売券1500円を12/1(土)10:00より劇場窓口にて販売(「ろう者と映画を観る会」事務局にて先行販売あり)
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで※通常前売券&手話弁士付き上映専用前売券)、
ネットショップー通常前売券ネットショップー手話弁士付き上映専用前売券
有隣堂伊勢佐木町本店にて上映期間中も販売※通常前売券のみ(特典は付きません)
前売り券特典:特製オリジナルメモ帳
*無くなり次第終了となります
・12/18(火)江副悟史による手話弁士付き上映決定!
 当日は日本語字幕が付きません。ご注意ください。
【手話弁士付き上映当日券】
一般1800円、学生・シニア・障がい者1500円
★専用前売券1500円を12/1(土)10:00より劇場窓口にて販売(「ろう者と映画を観る会」事務局にて先行販売あり)

下記日程でトークショー決定!
・12/15(土)丸山 垂穂氏(フランス語字幕翻訳者・手話通訳士)
・12/16(日)森 壮也氏(手話言語学者・開発経済学者)
・12/22(土)加藤 康志氏(横浜市立ろう特別支援学校教諭)
・12/23(日)小野 広祐氏(NHK手話ニュースキャスター・児童発達支援事業所 明晴プレスクールめだか 管理者・明晴学園教諭)

レティシア監督から、今は亡き友人ヴァンサンへ、10年間の思いを綴ったビデオレター。

一緒にこの映画を作るはずだった友人・ヴァンサンが突然命を絶った。あれから10年間、監督は「ろう者の存在を知らせたい」という彼の遺志を継ぎ、この映画を完成させる。
ニコラ・フィリベール監督の傑作ドキュメンタリー『音のない世界で』(1992年)に登場していた、耳に大きなヘッドフォンをあて、声の出し方を教わる子どもたち。
「話すこと」を求められた彼らの、その後の物語ともいえる本作は、ろう者の存在に再び光をあて、彼らが抱える言葉にならない複雑な感情に“目”を澄ます。

【130年間にわたる手話の禁止が解かれて、まもなく8年。「ヴァンサンは私だ」世界中のろう者に巻き起こった共感の渦がついに日本に。】

1880年ミラノでの「第2回国際ろう教育国際会議」で手話を禁ずる決議が採択され、2010年バンクーバーで行われた「第21回国際ろう教育国際会議」でその手話の禁止を取り消す決議までの130年間、手話は各国から排除されていた。「この映画で描かれている問題はフランスだけではなく、世界各国で起きている」というレティシア監督の言葉通り、本作はモントリオール映画祭など数々の映画祭で上映され、観客の価値観を大きく揺さぶり、ろう者の強い共感と圧倒的な支持を得た。日本では2017年4月に東京ろう映画祭で『新・音のない世界で』として上映され大きな成功を収めた。

「ヴァンサンへの手紙」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)