ディヴァイン・ディーバ screen ジャック

公式サイト: http://www.diva-movie.jp

女として生きてきた 歌うことが生きること
ブラジル発“ドラァグクイーン版”「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」
【終了日:11/30(金)※1週限定上映】

【原題】Divinas Divas
【監督】レアンドラ・レアル
【キャスト】ブリジッチ・ディ・ブジオ,マルケザ,ジャネ・ディ・カストロ,カミレK,フジカ・ディ・ハリデイ
2016年/ブラジル/110分/ミモザフィルムズ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
11月24日(土)〜11月30日(金)
14:30〜16:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(11/20(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店にて上映期間中も販売(特典は付きません)
前売り券特典:ポストカード
*無くなり次第終了となります
初日11/24(土)ご鑑賞のお客様、抽選で5名様にポスター(B2サイズ) をプレゼント!

パンフレットをネットショップで販売中

1960年代、軍事独裁政権下で自由と権利を求めて花開いたディーバ達

日本ではお茶の間でおなじみの異性装、もしくはトランスジェンダーのタレント、広く“オネエ系”と称されるさまざまな才能が活躍している。それは日本に限ったことではない。芸能に長けた異性装のパフォーマー、ドラァグクイーンは世界各国で独自の文化を築いてきた。
ブラジルの有名女優レアンドラ・レアルの監督デビュー作となる本作『ディヴァイン・ディーバ』 は、軍事独裁政権全盛の1960年代のブラジルで、固定的な道徳観念に勇敢に立ち向かい、人権と個人の自由を求める闘いの歴史上の決定的な瞬間を作った、伝説的な第一世代のドラァグクイーンたちのなかでも第一世代とよばれる、いわばドラァグクイーンカルチャー黎明期を支えた人々を追ったドキュメンタリーだ。
彼女たちの拠点となったヒバル・シアターは、レアル監督の祖父がリオ・デ・ジャネイロに設立した劇場。創立70周年を記念し、この劇場から巣立ったレジェンド達を集めて「ディヴァイン・ディーバ・スペクタクル」が開催された。本作では、2014年に行われた彼女達のデビュー50周年祝賀イベントのプレミアに向かう様子が映し出される。長い間舞台の仕事からは遠ざかっていた高齢の彼女達に輝かしい60年代のシーンを振り返ってもらう構成だ。彼女達が語る波乱万丈でドラマチックな人生に貴重な歴史映像や写真が織り込まれ、ブラジルのサブカルチャーを紐解く史料的な価値をも見出すことができる。

「ディヴァイン・ディーバ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)