セブンガールズ screen ジャック

公式サイト: https://sevengirls.info

戦争が終わってから、女たちは戦ったー。伝説の舞台が映画化!
【終了日:2019年5/24(金)※1週限定上映】

【監督】デビッド・宮原
【キャスト】坂崎愛,堀川果奈,安達花穂,河原幸子,藤井直子
2018年/日本/144分/S・D・P/ブルーレイ上映

5月18日(土)〜5月24日(金)
16:45〜19:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★連日上映後、下記のゲストによる舞台挨拶あり。
▼5/18(土)初日
デビッド・宮原監督、堀川果奈さん、河原幸子さん、藤井直子さん、広田あきほさん

▼5/19(日)
デビッド・宮原監督、坂崎愛さん、樋口真衣さん、安藤聖さん、金子透さん

▼5/20(月)
デビッド・宮原監督、中野圭さん、織田稚成さん、高橋2号さん

▼5/21(火)
坂崎愛さん、斉藤和希さん、中野圭さん、佐野みかげさん

▼5/22(水)レディースデー
小野寺隆一さん、藤井直子さん、広田あきほさん、織田稚成さん

▼5/23(木)メンズデー
デビッド・宮原監督、堀川果奈さん、斉藤和希さん、佐野みかげさん、有賀さやかさん

▼5/24(金)最終日
小野寺隆一さん、坂崎愛さん、堀川果奈さん、安達花穂さん

ここで野垂れ死ぬのか
それとも生きるのか、自分で決めな

夢を持つことも、希望を持つことも、恋をすることさえ贅沢だった終戦直後の物語。今日食べるもののためだけに生きる女たちを描いているこの物語は、極限状態に近いどん底にありながら、星を見上げ続けた夢の物語だ。女たちは、米兵に体を売る娼婦となることで生き抜き、風が吹けばきしむバラック小屋で手に手を取り合って共同生活を送っていた。
プライドを捨てたような彼女たちを人は指さし「パンパンガール」と蔑む。それでも、彼女たちは笑顔を見せ、歌い、踊る。心の底に小さな希望の灯を持ちながら。

2018年に旗揚げ20周年を迎える劇団前方公演墳の作品「セブンガールズ」は、多くの観客に愛され、2004年の初演から、4度の再演を重ねてきた小劇場作品。飽食の時代と言われる現代にあって、今やファンタジーともいえるこの時代の物語が愛された理由は、現代においても「真剣に生きる」ことが求められているからこそだ。人は、本気で夢を追い、希望を抱き、壊れるような恋を求め願っている証拠だろう。

「この作品を世に残したい」たった一つの願いが、奇跡としか思えないこの映画を生みだすことになった。これまでの小劇場作品の映画化は全て、脚本、監督が変わり、キャストが有名俳優となり、別の形としての映像化だった。そうしなければ映画製作の企画が通ることはなかったからだ。それを舞台同様のオリヂナルキャスト、原作が監督での製作するには、俳優たちが自ら、映画化に向けて自分たちでやれることは全てやっていく方法しか残されていなかった。
クラウドファンディングで資金を募り、自らの足でロケ地をめぐり、終戦直後と同じように自分たちの手でバラック小屋を建て、8か月にも及ぶ稽古を重ねることで、これまでの常識を覆す文字数のシナリオを、わずかな資金、わずかな日程で、撮影に及んだのだ。

終戦直後の小さな希望と、現代に生きる劇団員たちの夢がクロスオーヴァーしていく。どんな状況でも、どんな環境でも、どんな困難にも負けないパンパンガールたちのように、映画化に向けて走り回った。この映画は、過去の物語ではない。現代を生きる全ての人の物語だ。どん底でも笑える強い人間の物語だ。

関連映画
「セブンガールズ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)