ザ・プレイス 運命の交差点 screen ジャック

本作品の公開予定:時期未定(2019年6月以降〜)

公式サイト: http://theplace-movie.com

欲望の代償は、他人の運命ー。緻密に練られたストーリーによるワンシチュエーションドラマ!

【原題】The Place
【監督】パオロ・ジェノベーゼ
【キャスト】バレリオ・マスタンドレア,マルコ・ジャリーニ,アルバ・ロルバケル,ビットリア・プッチーニ,ロッコ・パパレオ
2017年/イタリア/101分/ミモザフィルムズ/DCP

前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ
前売り券特典:ポストカード

*無くなり次第終了となります

『おとなの事情』のパオロ・ジェノヴェーゼ監督が贈る“おとなのための人生哲学”

【カフェを舞台に緻密に練られたストーリーによるワンシチュエーションドラマ】

前作『おとなの事情』(16)がイタリアの年間興行成績2位を記録し、一躍有名監督の仲間入りを果たしたパオロ・ジェノヴェーゼ監督最新作。カフェ「ザ・プレイス」に昼も夜も座っている男の元には、人生に迷ったものたちがひっきりなしに訪ねてくる。彼らが自らの願いや欲望を叶えるためには、男が告げる行為を行わなくてはならない。息子を癌の病から救うために見ず知らずの少女の殺害を命じられる修道女、アルツハイマーの夫を救うために爆弾を仕掛けることを命じられる老婦人etc・・・。9人の相談者それぞれに無理難題が与えられる。全ての願望には他人の運命という代償が必要だった。次第に交差してゆく相談者たちの運命、その先に待ち受けるものとは。

【アメリカの大ヒットドラマ『The Booth
~欲望を喰う男』をイタリアの豪華アンサンブルキャストでリメイク!】

「人は願望が叶うとわかったらどこまでできるのだろうか?」そのテーマに魅了されたジェノヴェーゼ監督は、アメリカの大ヒットドラマ『The Booth ~欲望を喰う男』(11)を原作として、キャストには、ヴァレリオ・マスタンドレア『おとなの事情』(16)、マルコ・ジャリーニ『神様の思し召し』(15)、アルバ・ロルヴァケル『夏をゆく人々』(14)などイタリア映画界を代表する豪華アンサンブルキャストが実現し、2018年イタリア・アカデミー賞7部門ノミネートや、第12回ローマ国際映画祭クロージング作品に選出された。

「ザ・プレイス 運命の交差点」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)