ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡 screen ジャック

公式サイト: https://besidebowie-movie.jp

音楽史上最も慎ましい天才ミック・ロンソン。その生涯に、盟友デヴィッド・ ボウイのナレーションで迫る
【終了日:2019年6/14(金)】

【原題】Beside Bowie: The Mick Ronson Story
【監督】ジョン・ブリューワー
【キャスト】ミック・ロンソン,ルー・リード,グレン・マトロック,アンディ・ウォーホル,ジョー・エリオット
2017年/イギリス/102分/パルコ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
6月01日(土)〜6月07日(金)
21:10〜22:50 [レイト]
6月08日(土)〜6月14日(金)
15:25〜17:15
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

デヴィッド・ボウイの成功を支えた、
ひとりのギタリストがいた─。

【音楽史上最も謙虚で誠実な天才ギタリスト、ミック・ロンソンの生涯に迫るドキュメンタリー】

デヴィッド・ボウイがその名を世界に知らしめたアルバム『世界を売った男(‛72)』そして全英チャート1位を記録した『アラジン・セイン(‛73)』とその大ヒット先行シングル『ジニー・ジーン』などなど。これらを築き上げたのがボウイの盟友であり、当時のボウイのバックバンド、スパイダーズ・フロム・マースのギタリスト、ミック・ロンソン。その豊かな才能に見合う賞賛を得ることなくこの世を去った男の軌跡とは─。

【デヴィッド・ボウイと共に70年代の英国ロックシーンを駆け抜けた。
もし彼がいなければ、デヴィッド・ボウイは完成していなかった。】

カリスマ的人気を誇ったデヴィッド・ボウイをもってして、唯一無二と言わしめた才能の持ち主だったミック・ロンソン。1971年に発売されたアルバム『世界を売った男』から73年の『ピンナップス』に至るまでデヴィッド・ボウイをバックバンド、スパイダーズ・フロム・マースの一員としてサポート。ミックの音楽人生は順風満帆かと思われたが、1973年10月18日、「1980フロアショウ」を最後にミックとボウイは袂を分かち、それぞれの道へと進む事になる。

関連映画
「ビサイド・ボウイ ミック・ロンソンの軌跡」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)