あいが、そいで、こい screen ジャック

公式サイト: http://aigasoidekoi.com

『カメラを止めるな!』を産み出したシネマプロジェクトの第8弾作品!
【終了日:2019年8/23(金)※1週限定上映】

【監督】柴田啓佑
【キャスト】小川あん,高橋雄祐,長部努,古川ヒロシ,廣瀬祐樹
2018年/日本/115分/ENBUゼミナール/DCP

8月17日(土)〜8月23日(金)
19:15〜21:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(8/13(火)まで)
【8/20(火)追記】
・8/22(木・メンズデー)19:15回上映後、
 柴田啓佑監督の舞台挨拶あり。

・8/17(土)19:15回上映後、初日舞台挨拶開催
登壇者予定:髙橋雄祐さん、長部努さん、古川ヒロシさん、廣瀬祐樹さん、吉岡そんれいさん、五十嵐美紀さん、石川誠さん、山田雅人さん、村上かのんさん(脚本)、柴田啓佑監督

「ゴメン」のかわりに泣いた。
「サヨナラ」のかわりに叫んだ。

【柴田啓佑監督初長編作品。『カメラを止めるな!』を生み出したシネマプロジェクト第8弾!主演・小川あん&ワークショップオーディションキャストによる真夏の青春映画!】

昨年、上映館数350館、動員224万人を突破し、社会現象と化した上田慎一郎監督『カメラを止めるな!』や、東京国際映画祭・日本スプラッシュ部門上映となった今泉力哉監督『サッドティー』と『退屈な日々にさようならを』の2作品など数々の話題作を製作しているのが、ENBUゼミナール・シネマプロジェクト!

そのシネマプロジェクト第8弾監督として選ばれたのが、短編作品にて国内外の映画祭にてグランプリなどを受賞し、近年ではTVドラマ演出も手掛けるなど幅広い分野で活躍している柴田啓佑監督。そして主演は、柴田監督の「運命のタネ」(第10回さぬきストーリ^プロジェクト グランプリ受賞)や「窓の外側」(第19回小津安二郎記念・蓼科高原映画祭 短編映画コンクール入選)でもタッグを組んだ小川あん。イルカ調教師を目指す台湾からの留学生というハーフ役を、小川あんが等身大に体現。あらゆることにもがきながらも、イルカ調教に参加する高校生・萩尾亮役に高橋雄佑。和歌山、静岡ロケで撮影されたかけがえのない夏を描いた本作は、変わりない日々をひたすら消費していく時代だからこそ、多くの人間が人生の中で経験したであろうかけがえのない時間、その限りある時間の中で、もがく人々の物語。

2018年11月の田辺・弁慶映画祭でお披露目し、その後新宿K’s cinemaで開催された3日間限定のイベント上映では連日満席、さらに2月のさぬき映画祭でも話題となり、今回ついに劇場公開決定

【story】

2001年の夏、海辺の田舎町に住む高校生・萩尾亮は、同級生の学、小杉、堀田と共に高校最後の夏休みを過ごすことになった。ある日、イルカの調教師を夢見て台湾からやってきた留学生・王佳鈴(ワンジャーリン)と出逢う。イルカや海を嫌う亮はリンと対立するが、彼女の来日した本当の想いを知ったことをきっかけに心を通わせることとなる・・・。

「あいが、そいで、こい」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)