ラブ ゴーゴー デジタルリストア版 screen ジャック

公式サイト: https://nettai-gogo.com

チェン・ユーシュン監督による1990年代台湾青春映画幻の名作がデジタル修復でよみがえる!
【終了日:2019年10/25(金)】

【原題】愛情来了 Love Go Go
【監督】チェン・ユーシュン
【キャスト】タン・ナ,シー・イーナン,リャオ・ホェイチェン,チェン・ジンシン
1997年/台湾/113分/オリオフィルムズ,竹書房/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
10月12日(土)〜10月18日(金)
21:25〜23:20 [レイト]
10月19日(土)〜10月25日(金)
11:10〜13:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

人生は恋の予感にあふれてる。

【「熱帯魚」の鬼才チェン・ユーシュンが贈る、誰にでも訪れる“恋の季節”の物語】

エドワード・ヤン、ホウ・シャオシェンやツァイ・ミンリャンらのいわゆる“台湾ニューシネマ”の系譜から、突如出現した異端の新人チェン・ユーシュン。デビュー作『熱帯魚』(95)が国内外で絶賛を浴び、その次回作のゆくえに否応なく注目が集まるなか届けられたのは、とってもキュートでいとおしい、お互いに呼応しあう3つのラブストーリー。

どんな人間にもふとしたタイミングで訪れる「恋の予感」を独特の感覚で描いた本作は、原色を大胆に配した色彩設計、ベタな懐メロからBPM高めのロックまで無節操にちりばめられた選曲の妙、そして3つのストーリーが結晶する感動のラストとあいまって、今観てもその新しさに驚かされざるをえない。
 97年に本作発表後、チェン・ユーシュンは長い沈黙期に入ってしまうが、『熱帯魚』『ラブ ゴーゴー』という残された2作品の輝きは失せることなく、以降の台湾映画に強い影響を与え続けた。そしていま、待望のデジタル修復が実現、この映画の魅力を制作当時のクオリティーで体験できる機会がようやく訪れた。

【一目見たら忘れられない超個性的なキャストたちが奏でる、絡み合った3つの恋模様】

ケーキ職人の冴えないアラサ―男子、アシェン。アシェンのアパートに同居する食欲旺盛なおデブちゃん、リリー。アシェンが小学生のときの初恋の君リーホア、セールスには100%向かない内気な痴漢撃退グッズセールスマン、アソン――。どこにでもいそうな、でもどこかヘンな若者たちが紡ぐ物語。
 アシェンを演じたチェン・ジンシンは映画の裏方スタッフ、リリー役のリャオ・ホイヂェンはテレビ業界のマネージャーと、2人とも演技はズブの素人。しかし以前からの知り合いだったチェン・ユーシュンがその存在感に目をつけて大抜擢、結果2人とも見事その年の金馬奨受賞という快挙をなしとげた。

関連映画
「ラブ ゴーゴー デジタルリストア版」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)