ゆうやけ子どもクラブ! screen ジャック

本作品の公開予定:11/30(土)〜

公式サイト: https://www.yuyake-kodomo-club.com

どこまでも君と一緒だよ。1978年ー東京 小平に障害のある子どもの放課後を支援する活動が生まれた

【監督】井手洋子
2019年/日本/112分/井手商店映画部,ピカフィルム/DCP

前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ(11/26(火)まで)
有隣堂伊勢佐木町本店にて上映期間中も販売
*有隣堂での販売は売り切れの場合、販売終了となります。何卒ご理解の程お願いいたします。

いろとりどりの子どもの世界
“ゆうやけ”という大きな家族のものがたり

東京都小平市にあるゆうやけ子どもクラブは、今から40年以上前の1978年に、放課後や夏休みに子どもの活動場所が欲しいという親の切実な願いで誕生した。全国でも放課後活動の草分け的な存在だ。

ゆうやけでは、小学生から高校生までの子どもたちが共に放課後を過ごす。知的障害、発達障害、自閉症など、障害はさまざまだが、遊びや生活を通して、子どもたちの内面に迫る活動を創り上げてきた。


カメラは、クラブに通う子どもたちに寄り添う。自分の気持ちをうまく表現できないガク君。積み木に夢中になって子どもたちの輪になかなか入ることができないヒカリ君。音に敏感すぎるカンちゃんは、ずっと給湯室にこもっている。スタッフは子どもたちを全身で受け止める。カメラは、そんな彼らが時間をかけてゆっくりと変っていく姿を追いかける…。

子どもたちにとって大切なことは何か。映画は、ゆうやけ子どもクラブでの子どもたちの時間を描き、問いかける。


ツクちゃんは、指導員の村岡さんと電話注文ごっこをするのが好きだ。ゆうやけに通うたびに注文用紙を作って持ってくる。
「もしもし、ドンキホーテですか?水風船とバルーン風船、水鉄砲とシャボン玉とおもちゃとラジカセと…ありますか?」

ユウト君は、真冬の公園でダンゴ虫を探すと言ってきかない。
「ダンゴ虫や~い。どこだ?」指導員の井原さんは、集合時間ギリギリまでユウト君につきあって一緒に探すと、そこには…。子どもの探究心には限りがない。そしてそれにトコトンつき合う指導員たち。

​映画では、個性豊かな子どもたち、それぞれの世界を丹念に描く。障害者と健常者という区切りをつけずに、まずは、一人ひとりの子どもの世界を味わって欲しい。心のバリアを取り払うきっかけになれば。監督の井手は、そんな願いを込めて本作をつくった。


映画では、放課後や夏休み、冬休みの子どもたちの時間という日常を描くとともに、親子が参加する運動会や父母会の活動にもカメラを向けている。運動会、買い物競争で弾ける笑顔の母親たち。

障害のある子どもやその家族は、地域の中でともすれば孤独になりがちだ。子育ての悩みを一人で抱え込む母親もいる。ゆうやけ子どもクラブでは、保護者どうし、そして職員と保護者が緩やかに繋がる家族のような関係を目指してきた。

ゆうやけの活動は、地域社会で今見失われている人と人との繋がり、関係性についても考えさせられる。

関連映画
「ゆうやけ子どもクラブ!」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)