フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて screen ジャック

公式サイト: https://fishermans-song.com

人生には歌とビールとちょっぴりのユーモアが欠かせない 漁師バンドがイギリス中を席巻する奇跡の実話!
【終了日:2020年2/21(金)】

【原題】Fisherman's Friends
【監督】クリス・フォギン
【キャスト】ダニエル・メイズ ジェームズ・ピュアフォイ デビッド・ヘイマン デイブ・ジョーンズ
2019年/イギリス/112分/アルバトロス・フィルム/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
2月01日(土)〜2月02日(日)
11:00〜12:55
2月03日(月)〜2月06日(木)
11:00〜12:55
21:05〜23:00 [レイト]
2月07日(金)
11:00〜12:55
2月08日(土)〜2月14日(金)
09:10〜11:10
2月15日(土)〜2月21日(金)
11:25〜13:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

現役漁師が結成した最年長ボーイズバンドが
契約金100万ポンドでメジャーデビュー!?

主人公はさえない中年男で、舞台は田舎の小さな港町。出演するのは通好みの実力派、それも中高年ばかりと派手さゼロだというのに、公開直後からイギリスであれよあれよという間に10億円を稼ぎだし、続編が決定したのが、本作『フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて』だ。イギリス南西部コーンウォール地方の小さな港町、ポート・アイザック。1995年に慈善事業の資金集めに現役漁師が中心となって結成した舟歌バンド“フィッシャーマンズ・フレンズ”と、彼らを発掘した敏腕マネージャー、イアン・ブラウン(“ザ・ストーン・ローゼズ”のボーカルとは別人)による、嘘のような本当のサクセスストーリーをモデルにしたヒューマンドラマである。
 2010年にメジャーレーベルのアイランド・レコードと100万ポンド相当の契約を交わし、1stアルバム「Port Isaac's Fisherman's Friends」が全英チャートでトップ10入りを果たしたフィッシャーマンズ・フレンズ。揃いのPコートとジーンズ、ワークブーツと飾り気のない男たちが歌うのは、イギリスで生活したことのある人なら耳にしたことのある舟歌や民謡だ。いかつい中年男たちが力強い歌声で美しいハーモニーを奏でるというギャップ、そしてバンド名がイギリス人なら誰しもがお世話になっている国民的ミント系トローチと同じという親父ギャグが大受けし、アルバムはゴールド・ディスクに輝いた。

【story】

イギリス南西部の小さな港町、ポート・アイザック。青い海と大西洋を見渡す丘陵地帯の絶景を求めて、多くの人々が訪れる風光明媚な観光地だ。しかし、音楽業界で鳴らしたダニー(ダニエル・メイズ)にとって、ポート・アイザックは人生を180度変える運命の土地だったのだ。
 結婚間近の悪友ヘンリーの独身最後のお楽しみでポート・アイザックへやってきたダニーと仲間たち。港で舟歌を楽しげに歌う漁師たちを見かけて、上司のトロイはダニーをけしかけた。
「彼らと契約を交わせ」
 歌う漁師たちこと“フィッシャーマンズ・フレンズ”はリーダーでひねくれ者のジム(ジェームズ・ピュアフォイ)、毒舌家のジェイゴ(デヴィッド・ヘイマン)、彼の親友リードヴィル(デイブ・ジョーンズ)、パブも経営する最年少のローワン(サム・スウェインズバリー)など、海の男たち10名からなるコーラスバンドだ。週1回、港で慈善コンサートを行うが、バンド活動はあくまでも趣味。古くから伝わる舟歌を歌い、ローワンのパブでビールを飲んで騒いで息抜きしているのだ。先祖代々、漁師の仕事をしてきた彼らはメジャーデビューなど考えたことすらなく、ダニーの話に色めく。よそ者嫌いのジムは嫌味たっぷりに一蹴したが、やり手マネージャーで業界に知れ渡るダニーにすれば純粋な彼らを口説き落とすなんて朝飯前のこと。ジムの娘、オーウェン(タベンス・ミドルトン)が経営するB&Bに泊まり、彼らの漁船に乗り込んで懐に飛び込む作戦に出る。

 捨て身の熱意が認められて契約をモノにしたダニーは、古い教会でレコーディングを開始する。ダニーとオーウェンが見守る中、仲間と一体となり、伸び伸びと舟歌を歌い上げる男たち。ダニーは純粋に音楽を楽しむ姿と固い絆に心を奪われ、今までに味わったことのない充実感を味わう。オーウェンもそんなダニーに、恋の予感を感じていた。
 ダニーは「契約なんて冗談」とせせら笑うトロイと決別し、フィッシャーマンズ・フレンズを引き連れてロンドンへ向かう。ライバル会社に売り込んだところ、漁師バンドの意外性が若いスタッフの目に留まり、テレビ番組への出演が決定する。それも、全国民が注目する女王の誕生日を祝う特別番組だ。フィッシャーマンズ・フレンズの成功でトロイの鼻を明かしたいダニーは、生中継で彼らが得意げに歌い出したメロディを聴きがく然。それは国歌『God Save the Queen (女王陛下万歳)』ではなく、あろうことかコーンウォール賛歌だったのだ。せっかくのチャンスを台無しにしたと頭を抱えるダニーは知らなかった、彼らのパワフルな歌声と茶目っ気が全英中に笑いを届けたことを。そして、メンバーも知らなかった、心の拠り所であるザ・ゴールデン・ライオン・パブが密かに売却されていたことを……。

「フィッシャーマンズ・ソング コーンウォールから愛をこめて」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)