楽園からの旅人 screen ジャック

「木靴の樹」「ポー川のひかり」エルマンノ・オルミ監督が、ある街の聖堂を舞台に描いた、現代の黙示録。

【原題】il villagio di cartone
【監督】エルマンノ・オルミ
【キャスト】マイケル・ロンズデ―ル , ルトガー・ハウアー , アレッサンドロ・アベル , マッシモ・デ・フランコヴィッチ
2011年/イタリア/87分/アルシネテラン/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
12月14日(土)〜12月20日(金)
13:55〜15:30
12月21日(土)〜12月23日(月)
10:30〜12:05
12月24日(火)〜12月27日(金)
10:30〜12:05
16:10〜17:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(シネマ・ジャック&ベティ)
パンフレットをネットショップで販売中

神々しく、美しく――、名匠エルマンノ・オルミ監督が混迷の時代を旅する人々へ慈しみをこめて贈る荘厳なる物語。

『木靴の樹』『ポー川のひかり』など数々の名作で知られるイタリアの巨匠エルマンノ・オルミ監督の最新作である。
かつてオルミ監督は、『ポー川のひかり』(06)を自身の映画人生における最後の劇映画と語った。しかし5年後、前言を翻して、現代の黙示録ともいうべき本作『楽園からの旅人』を発表する。世界の状況が一層混迷するなか、この作品をとおして、よりよい社会への思いを改めて示さずにはいられなかったのだ。

明日にも取り壊される教会堂にひとり残る老司祭と、救いを求めてやってきたアフリカからの旅人たち。堂のなかに、にわかに誕生した段ボールの村。二夜にわたり人々の交流する姿があたかも一幕劇のように描かれ、いくつもの人生がひとつに織り成されてゆく。

映画では、さまよう人々への心優しい描写が印象的だ。彼らの境遇は苛酷だが、みなこよなく高貴で美しい。子どもは顔を輝かせ、母親がいて、新しい生命が誕生し、流す涙、淡い恋もある。
オルミ監督にとって人間の存在そのものが喜びなのだ。「世界を温もりのあるものに戻す」という彼の人間性への信頼は失われることはない。
不安に満ちた現代社会のなかで、旅人たちの神々しさを示し、すべては破局の中から新しく始まり、未来は私たちが築くものと語る『楽園からの旅人』は、まさに希望の映画である。

「楽園からの旅人」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)