美しいひと screen ジャック

韓国、オランダ、日本。あの原爆を生き抜いた人たち、そして、生きることができなかった人たちの物語。

【監督】東志津
2013年/日本 /116分/一隅社,S.Aプロダクション /ブルーレイ上映

8月09日(土)〜8月15日(金)
09:55〜11:55
8月16日(土)〜8月22日(金)
15:55〜17:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・8/9(土)、10(日)両日上映後、
 東志津監督による舞台挨拶
・追加決定!
 8/17(日)上映後、
 東志津監督による舞台挨拶

パンフレットをネットショップで販売中

日本人だけではない原爆の犠牲者。
韓国、オランダ、日本―カメラは海を超えた。

1945年8月、アメリカによって日本に、ふたつの原子爆弾が投下されました。ひとつは広島に、ひとつは長崎に―あのきのこ雲の下にいた人たちがどのように命を奪われ、どのように傷つけられたのか、悲劇の実相は、今日まで多くの人々によって語り継がれてきました。
あれから長い年月が経ち、原爆を生き延びた人々は、今、人生の最終章を迎えています。
原爆の後にも、彼らには長い長い人生がありました。ある人は、家族をすべて失って天涯孤独となり、生活の糧を得るために必死で働きました。ある人は身体の自由を奪われ、人を愛し、愛されることを諦めました。ある人は悲惨な光景のトラウマに苦しみながら、辛い記憶とともに戦後を生きていました。晩年を迎えた彼らの命のともしびは、今、最後の力を振り絞って燃えています。
長い時を乗り越えて、彼らは私たちに何を語りかけるのか。生き延びた人々の存在、そして、生きることができなかった人々の不在に迫るドキュメンタリーです。

原爆の犠牲者は、広島・長崎あわせて、およそ21万人にのぼります。そのうち約4万人が、当時、日本が植民統治していた朝鮮半島からの労働者、あるいは、移住者でした。また、長崎市の爆心地付近には、太平洋戦争によって日本軍に捕えられた連合国軍兵士の捕虜収容所があり、イギリス人、オランダ人、オーストラリア人など195名が被爆、うち7名が命を落としました。彼らの存在は、原爆の悲劇だけではなく、当時の世界情勢や、戦時下における日本の立場を生々しく伝えてくれます。祖国から遠く離れた地で、彼らはあの日、何を見たのか、そして、原爆後の人生をどんな思いで生きてきたのか。一般的に知られる原爆の史実からこぼれ落ちていった、彼らの魂の叫びが、国境を超えて観る者の心を揺さぶります。

関連映画
「美しいひと」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)