エレファント・ソング screen ベティ

愛を渇望した一人の青年マイケル。グザヴィエ・ドランが「これは僕だ」と出演を熱望した心理劇

【原題】Elephant Song
【監督】シャルル・ビナメ
【キャスト】グザビエ・ドラン,ブルース・グリーンウッド,キャサリン・キーナー,キャリー=アン・モス,コルム・フィオール
2014年/カナダ /100分/アップリンク /DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
6月06日(土)〜6月12日(金)
13:15〜15:00
19:00〜20:40 [レイト]
6月13日(土)〜6月19日(金)
14:25〜16:10
6月20日(土)〜6月21日(日)
21:05〜22:55 [レイト]
6月22日(月)
11:25〜13:05
21:05〜22:55 [レイト]
6月23日(火)〜6月26日(金)
21:05〜22:55 [レイト]
6月27日(土)〜7月03日(金)
17:20〜19:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(6/2(火)まで)
前売り券特典:ポストカードセット

・6/6(土)初日特典決定!
 100%ケベック州産メープルシュガーを使用したラスクをご来場いただいたお客様に先着100名様にプレゼントいたします!(提供:パティスリーQBG)

パンフレットをネットショップで販売中

今も耳に残るのは、あの日のママの歌声

グザヴィエ・ドラン×名優ブルース・グリーンウッド
精神病棟で巻き起こる心理戦。
そして胸締めつけられる驚愕のラスト。


世界を魅了する美しき俊英グザヴィエ・ドラン。監督だけに留まらず、俳優としても評価の高い彼が脚本を読んで「マイケルは僕だ。この役を僕に演じさせてほしい」と出演を熱望したという。ドランの前作『トム・アット・ザ・ファーム』と同様に、戯曲を原作とする心理劇で、人々を翻弄しつつも痛々しいまでに愛を求める青年マイケルをグザヴィエ・ドランが熱演。『スター・トレック』のパイク提督役でも知られ、アトム・エゴヤン監督作品の定連でもあるカナダの名優ブルース・グリーンウッド、『マルコヴィッチの穴』『カポーティ』で2度のアカデミー助演女優賞にノミネートされたキャサリン・キーナー、『マトリックス』で脚光を浴びたキャリー=アン・モスなど、名立たる名優たちと共に緊張感あふれる会話劇を展開し、俳優としての底力を見せつけた。


ある日、有名なオペラ歌手である母が死んだ。
ほくは死にゆく母の手をとり、母が教えてくれた「ゾウの歌」を歌い続けた。


マイケルは美しい青年だった。14歳のときオペラ歌手である母が目の前で自殺し、その後、現在に至るまで精神病院に入院している。彼は病院で一番の問題児とされており、ゾウにまつわるあらゆることに異常なまでの執着を示していた。ある日、彼の担当医であるローレンスが失踪した。手がかりを知るのはマイケルだけ。マイケルのことをよく知る看護師長のピーターソンは「マイケルは茶化すだけで真実を話さない」と助言するが、院長のグリーンは彼に事情を聞くことを試みる。すると、話をする代わりに、と彼は条件を提示した。

1、僕のカルテを読まないこと。
2、ご褒美にチョコレートをくれることを約束すること。
3、看護師長をこの件から外すこと。

グリーンは条件を飲むが、マイケルはゾウやオペラについての無駄話で、話をそらすばかり。 「母を殺した」「ローレンス医師から性的虐待を受けていた」など、嘘か本当かわからないようなことをほのめかす。いつしかグリーンはマイケルの巧妙な罠に取り込まれていった…。


「エレファント・ソング」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)