くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ【吹替】 screen ベティ

公式サイト: http://ernest.gaga.ne.jp

絵本作家ガブリエル・バンサンの代表作「くまのアーネストおじさん」シリーズ待望の映画化!
※日本語吹き替えで上映!
【終了日:1/8(金】

【原題】Ernest et Celestine
【監督】バンジャマン・レネール
【キャスト】ランベール・ウィルソン,ポーリーン・ブロナー 玉野井直樹アーネスト(日本語吹き替え),宇山玲加セレスティーヌ(日本語吹き替え)
2012年/フランス /80分/ギャガ・プラス /ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
12月26日(土)〜12月31日(木)
15:45〜17:10
1月02日(土)〜1月08日(金)
14:10〜15:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
小学生以下(2才〜)500円

ずっと ずっと いっしょ

ベルギー生まれの絵本作家ガブリエル・バンサンの“アー
ネストとセレスティーヌ”の物語が出版されたのは1981年。それから、来年で35年、20冊の「くまのアーネストおじさん」シリーズの絵本と2冊のデッサン絵本が日本でも7出版され、多くの子どもたちそして大人たちに愛されています。そして、いよいよバンサンの美しい水彩画を背景に、絵本シリーズのエッセンスがちりばめられた“絵本映画”を日本でも公開することになりました。
世界のどこかでかなしいことがおこっている今だからこそ、多くの人に伝えていきたい愛あふれる名作をお届けします。

【STORY】

ずんぐりと太ったくまのアーネストおじさん。
音楽家の彼は、ある日おなかをすかせてゴミ箱をあさっていました。そこでみつけたのはかわいいねずみの女の子セレスティーヌ。
彼女は、アーネストにお菓子屋さんの倉庫にもぐりこむ道を教えてあげます。ふたりの間にはふしぎで、あたたかく、恋人のような親子のような友情が芽生え、おたがいが大事な存在になっていきます。やがてふたりの出会いがきっかけで、くまの世界とねずみの世界が大騒ぎに・・・。
くまのアーネストおじさんとセレスティーヌの冒険は、どうなりますことやら・・・。

関連映画
「くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ【吹替】」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)