ヒトラー暗殺、13分の誤算 screen ベティ

公式サイト: http://13minutes.gaga.ne.jp

ヒトラーが最も恐れた暗殺者は、平凡な家具職人だった。戦後70年を経て今明かされる、ドイツが隠し続けた衝撃の感動実話。【終了日:12/31(木)】

【原題】Elser
【監督】オリバー・ヒルシュビーゲル
【キャスト】クリスティアン・フリーデ,ルカタリーナ・シュトラー,ブルクハルト・クラウスナー,ヨハン・フォン・ビューロー,ダービット・ツィンマーシート
2015年/ドイツ/114分/ギャガ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
12月12日(土)〜12月18日(金)
14:05〜16:00
12月19日(土)
09:55〜11:55
20:40〜22:35 [レイト]
12月20日(日)〜12月21日(月)
20:40〜22:35 [レイト]
12月22日(火)〜12月25日(金)
09:55〜11:55
20:40〜22:35 [レイト]
12月26日(土)〜12月31日(木)
11:50〜13:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

あの時、目を開けていたのは、僕だけだった。

【あと13分早ければ、世界は変わるはずだった_。
戦後70年を経て今明かされる、ドイツ政府が隠し続けた衝撃の感動実話。】

1939年11月8日、恒例のミュンヘン一揆記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その後、仕掛けられていた時限爆弾が爆発──ヒトラーが退席して13分後のことだった。その爆弾は精密かつ確実、計画は緻密かつ大胆、独秘密警察ゲシュタポは英国諜報部の関与さえ疑った。しかし、逮捕されたのは36歳の平凡な家具職人、ゲオルク・エルザー。彼はスパイどころか、所属政党もなく、たった一人で実行したと主張。信じ難い供述の数々――。それを知ったヒトラーは徹底的な尋問を命じ、犯行日までの彼の人生が徐々に紐解かれていく。

監督は『ヒトラー ~最期の12日間~』で“人間、ヒトラー”を描き、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた名匠オリヴァー・ヒルシュビーゲル。本作でも、昨年メルケル独首相が公式に讃えた男の、知られざる真実を明らかにする。

恋と音楽、そして自由を謳歌していた男の揺ぎない信念とは――?魂揺さぶる衝撃の感動実話。

【この‟平凡な男”、暗殺者か救世主か、それとも_。】

1939年11月8日、ドイツのミュンヘンにあるビアホールで、毎年恒例のミュンヘン一揆記念演説を行っていたアドルフ・ヒトラーは、悪天候のためにいつもより早く切り上げた。その後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発──ヒトラーが退席して13分後のことだった。

8人を死に至らしめた爆破装置は精密かつ確実、計画は緻密かつ大胆。その手口から、独秘密警察ゲシュタポはクーデターや英国諜報部の関与を疑ったが、逮捕されたのは、田舎に暮らす平凡な家具職人、ゲオルク・エルザーと名乗る36歳の男だった。あまりにも信じがたい現実――。大物の黒幕の存在を確信したヒトラーは、決行日までに彼が歩んできた人生のすべてを徹底的に調べるように命じる。

単独犯だというエルザーの主張は本当なのか?誰かをかばっているのか?

スパイである真偽は?所属する政党もなしにどんな動機があるというのか?

音楽やダンス、恋に興じ、家具職人として働く平凡な男から語られる真実とは――?

関連映画
「ヒトラー暗殺、13分の誤算」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)