華魂 幻影 screen ジャック

公式サイト: http://www.hanadama-movie.com

哀愁とエロス。狂気と爆発。華魂 再び暴走!!
【終了日:6/10(金)】

【監督】佐藤寿保
【キャスト】大西信満,イオリ,川瀬陽太,愛奏,吉澤健
2016年/日本/83分/渋谷プロダクション/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
5月28日(土)〜6月03日(金)
19:20〜20:45 [レイト]
6月04日(土)〜6月10日(金)
19:55〜21:20 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(5/24(火)まで)

5/28(土)19:20回の上映後、初日舞台挨拶
登壇者:愛奏さん、川上史津子さん、丸山昇平さん、佐藤寿保監督

映画バンザイ!永遠の愛
あなたは直視できるか!?

“華魂”・それは、荒野に咲いた花。俗世の欲望の象徴であり、この花が咲くところでは、人間は欲望の箍が外れて理性が崩壊する。そして“華魂”は今日も世界のどこかで咲き乱れている。
本作は昨今、閉鎖が相次ぐ映画館が舞台である。
映画愛に満ちた支配人やスタッフ、そして、個性的な客たちによって支えられてきた映画館も最後の日を迎える。そんな映画館に欲望の象徴“華魂”が暴走する。映画館の最後を締めくくる劇場内では、日本映画史に残るであろうカオスが展開する。

【哀愁とエロス。狂気と爆発。 しかと、佐藤寿保版“ニューシネマパラダイス”とも言える本作を見届けて欲しい。】

監督はピンク四天王にして前作「華魂」から引き続き佐藤寿保が務める。脚本いまおかしんじ、音楽大友良英はじめ、日本映画界を支えるスタッフらが結集した。

主演の沢村には「キャタピラー」「さよなら渓谷」などで確実に実績を積み重ねる大西信満。黒ずくめの少女役には新人のイオリが体当たりで演じる。その他、今や日本映画にはなくてはならないバイプレイヤー川瀬陽太、愛奏。 若松孝二監督作の常連であり「龍三と7人の子分たち」の名優、吉澤健、「殺しの烙印」「11PM」でお馴染み往年の女優、真理アンヌ、ミュージシャンで、個性派俳優でもある三上寛らが熱演する。

※18歳未満の方はご覧頂くことはできません。

【あらすじ】

閉館間近の映画館の映写技師で沢村貞一(大西信満)は、毎日狭い映写室からスクリーンを見つめ続ける日々を送っていた。ある日、画面に見えるはずのないものが見えだしていた。黒ずくめの少女(イオリ)である。少女は何かを訴えるように沢村を見つめている。上映後、フィルムをチェックするが、少女などどこにも映っていない。

ある日、上映後の客席に幻影で見たあの黒ずくめの少女が目の前にいた。沢村は、少女を劇場の映写室の控え室でかくまう。上映中、ふと気がつくと、少女がいなくなっている。少女を捜すがどこにもいない。街をさまよう沢村。少女の幻影が沢村を誘う。少女に導かれるように、川原に来る沢村。沢村の失われた記憶が蘇る・・・。少女の頭に毒々しい色の花“華魂”が不気味に咲いている。

少女は一体誰なのか。沢村との関係は。

関連映画
「華魂 幻影」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)