マクベス screen ベティ

公式サイト: http://macbeth-movie.jp

夫が王になった時、2人の運命が狂い出すー。
シェイクスピアが描く、地獄に一番近い愛。
【終了日:6/17(金)】

【原題】Macbeth
【監督】ジャスティン・カーゼル
【キャスト】マイケル・ファスベンダー,マリオン・コティヤール,エリザベス・デビッキ,パディ・コンシダイン,ショーン・ハリス
2015年/イギリス/113分/吉本興業/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
6月04日(土)〜6月10日(金)
11:55〜13:55
6月11日(土)〜6月17日(金)
09:30〜11:25
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

ウィリアム・シェイクスピアの没後400年、心震わす至高の映画体験を追求した衝撃作が誕生!

2016年に没後400年を迎えたウィリアム・シェイクスピアは、言わずと知れた人類史上最も偉大な作家のひとりであり、その傑出した戯曲の数々は今なお世界中のクリエイターのイマジネーションを刺激し続けている。とりわけ「ハムレット」「オセロー」「リア王」と並ぶシェイクスピア四大悲劇のひとつ「マクベス」は、黒澤明監督の時代劇『蜘蛛巣城』の基となり、手塚治虫や蜷川幸雄といった各界の巨匠たちも翻案作品を発表してきた。

その不朽の名作がアカデミー賞4部門に輝く『英国王のスピーチ』の制作チームの指揮のもと、新進気鋭のスタッフと豪華実力派キャストのコラボレーションによって新たに映画化された。全編が荘厳なスペクタクルとエモーションに彩られ、まさに誰も見たことのない21世紀の『マクベス』の誕生である。

【没後400年、シェイクスピアが描いた、地獄に一番近い愛】

激烈な内戦で荒廃したスコットランド。反乱軍の攻勢で窮地に陥った国を救ったのは、ダンカン王(デヴィッド・シューリス)への忠誠を誓うグラミスの領主マクベス(マイケル・ファスベンダー)だった。獅子奮迅の活躍で敵将を切り捨てたマクベスと戦友バンクォー(パディ・コンシダイン)は、おびただしい数の死体が散乱する荒野であどけない少女を連れた

関連映画
「マクベス」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)